むかちんの歴史日記

歴史大好き男による歴史のあるあるやトリビアを綴る日記★

むかちん歴史日記424 お笑い・感動を与えたくれた心に残る漫画家たち④ 名作『ルパン三世』の生みの親~モンキー・パンチ

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は、お笑い・感動を与えたくれた心に残る漫画家たちシリーズの第4弾!!!

 

誰もが知る名作『ルパン三世』の生みの親

 

モンキー・パンチ(1937-2019)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

参照元 https://popple-news.com/monkeypunch-musuko-ototo-nenshu/

 

モンキー・パンチ(本名加藤 一彦)は、1937年に北海道の漁師の家庭に誕生します。

学生時代は地元唯一の医師の下でレントゲン助手などを行い、漫画で患者を和ませていました。

 

手塚治虫の漫画の影響を受けて、漫画を描き始め、高校卒業後に上京し、貸本専門の出版社で漫画家のアルバイトをしながら、同人でも活動します。

 

アメリカのパロディ雑誌『MAD』の影響を受けて、アメコミ風に作風が変化し、それが編集者の目に留まって、1965年に「ムタ永二」のペンネームで『プレイボーイ入門』にてデビューを果たします。

 

1967年、『漫画アクション』の創刊号にて、『ルパン三世』の連載を「モンキー・パンチ」の名義で2年行います。これが大ヒットとなり、モンキー・パンチの代表作となります。

 

ã«ãã³ä¸ä¸ååè¡æ¬åï¼åè社ã»æ¼«ç»ã¢ã¯ã·ã§ã³ã³ããã¯ã¹...

参照元 https://middle-edge.jp/articles/aHEQK

 

第94話ï¼æçµè©±ï¼ ã«ãã³ä¸ä¸ æçµåã»ããã°æããã«ãã³

参照元 https://middle-edge.jp/articles/aHEQK

 

この「モンキー・パンチ」という名前はもともとは弟の加藤輝彦との共作名義と語られていましたが、あくまで弟はアシスタント的な役割を果たしていたそうです。

 

またモンキー・パンチは『トムとジェリー』の掛け合いがとても好きで、銭形=トム、ルパン=ジェリーのイメージでモデルにしているそうです。

 

1980年代以降、サンディエゴ・コミックコンベンションにてINKPOT賞、ローマ・コミックフェスティバルROMICS金賞、AMD Award功労賞を受賞し、国内外から注目を集めるようになります。

 

2003年には東京工科大学大学院メディア学研究科メディア学専攻(現・バイオ・情報メディア研究科メディアサイエンス専攻)修士課程(現・博士前期課程)に入学、2005年3月にこれを修了します。

 

2019年4月、81歳で他界します。

 

むかちん

 

むかちん歴史日記423 お笑い・感動を与えたくれた心に残る漫画家たち③ 有名アメコミ原作者~スタン・リー

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日はお笑い・感動を与えたくれた心に残る漫画家たちシリーズの第三弾!!!

 

スパイダーマン』や『Xメン』など

有名アメコミの漫画原作者として活躍した

 

スタン・リー(1922-2018)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

Stantheman.jpg

参照元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC

 

◆スタン・リーは1922年、アメリカ・ニューヨークのマンハッタンのルーマニアユダヤ人の家庭に誕生します。

 

少年時代はジャンルを問わず、映画や読書を好み、また役者を志して、演劇学校に通ったこともありました。

 

1939年、、タイムリー・コミックス(後のマーベルコミック)に入社して、当時人気だった『キャプテン・アメリカ』の脚本も担当しました。

 

参照元 https://ciatr.jp/topics/134702

 

1940年にはその豊かな想像力を発揮して18歳にして編集長に昇進。

1942年、兵役で3年間、アメリカ陸軍通信隊に所属し、教育用映画の脚本部に回され、訓練用マニュアル、時事漫画、ポスターを制作しました。

 

1961年、50年代に人気であった怪奇、ホラー、SF系が不振に陥ると、方向転換を決断し、、倒産を覚悟でスーパーヒーローのコミックに限りなく現実的要素をつぎ込んだ『ファンタスティック・フォー』を創刊します。

 

これが読者に受けてヒット。

設定などもリアリティが増し、アメリカンコミックス全体に大きな変革をもたらします。

 

1962年、『ハルク』、『ソー』の原作を手がけ、

1963年、『アイアンマン』、『ドクター・ストレンジ』、『スパイダーマン』、『X-メン』、『アベンジャーズ』の原作を手がけます。

 

466x645xc30986e2927e803cd6221c04

参照元 https://renote.jp/articles/1800

 

参照元 https://comicspace.jp/title/49098/vol/1

 

1972年にマーベルの発行責任者(社長)になりますが、財務会議になじめず、すぐさま辞退します。

 

1986年、マーベル・コミックとマーベル・プロダクションがニュー・ワールド・エンターテインメントに買収されたことが契機となり、以前から興味のあった映画やテレビなどの映像分野に活躍の場を移し、テレビアニメの総指揮などを務めます。

 

2011年にはこれまでの功績を認められて、エンターテイメント界で活躍した人物の名前が彫られた2,000以上の星型のプレートが埋め込まれたハリウッド・ウォーク・オブ・フェームと呼ばれる歩道に2428番目の殿堂入りとして認められ、名前が刻まれます。

 

この時点のアメリカ映画の歴代興行収入100位のうち、7つの作品がスタンの原作によるものでした。

 

2018年、肺炎により95歳で亡くなります。

 

 

むかちん

 

むかちん歴史日記422 お笑い・感動を与えたくれた心に残る漫画家たち② スヌーピーの生みの親~チャールズ・モンロー・シュルツ

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は、お笑い・感動を与えたくれた心に残る漫画家たちシリーズの第二弾!!!

 

スヌーピーの生みの親でアメリカを代表する漫画家

 

チャールズ・モンロー・シュルツ(1922-2000)

 

を紹介します😃

 

 

åç

参照元 https://www.purposejapan.com/america/tours/PTC-28030.html

 

チャールズ・モンロー・シュルツは1922年にアメリカのミネソタ州で誕生します。

シュルツの家庭は貧しいドイツ系移民の父が理髪店を営んでおり、父が新聞の漫画を夢中で読んでいたことがシュルツに大きな影響を与えます。

 

シュルツは絵の才能に恵まれ、教師から褒められたこともその後に影響しました。

また内気な性格ではありましたが、勉強はよくできて、小学校を2学年飛び級しました。

 

このころ、年上で体格も大きいクラスメイトから仲間外れにされた経験が、その後、チャーリー・ブラウンを生み出すきっかけとなったとシュルツはのちに語っています。

 

シュルツが13歳のときに飼った雑種の犬「スパイク」がある程度人間の言葉を理解しているのではないかという行動を取ったり、かみそりを食べるという変な行動を起こす犬で、これがのちのスヌーピーの原型になります。

 

高校卒業後、シュルツは雑誌へ漫画を投稿し続けますが、なかなかうまくはいかず、1943年に母が癌で亡くなって、失意のままアメリカ軍へ入隊します。

 

1945年に軍を去ったあとは、アート・インストラクション・スクールに就職します。

そこの同僚に「チャーリー・ブラウン」という名前の人がいて、これがのちの『ピーナッツ』の主人公の名前になります。

 

1947年にシュルツの地元の新聞に『ピーナッツ』の原型となった『リル・フォークス』が掲載されます。

 

そして漫画配給大手のユナイテッド・フィーチャー・シンジケーツ(現ユナイテッド・メディア)への投稿がきっかけで、

1950年10月2日から『ピーナッツ』(Peanutsは「困った人たち」という意味)の連載が全米8紙で始まります。

 

参照元 http://www.team-lens.com/heartstrings/2013/img_06/2013_0619-photo12.jpg

 

『ピーナッツ』の人気は次第に高まり、キャラクター使用やテレビアニメ放映などが始まります。

1968年には、スヌーピーアメリカ航空宇宙局の有人飛行計画のマスコットとなり、

1969年スヌーピー(のぬいぐるみ)はアポロ10号に乗って月に向かって飛び立ち、

ますます人気が高まりました。

 

1984年、スヌーピーの掲載紙は2000誌に到達し、ギネスブック認定されます。

1986年には漫画家の殿堂入りを果たします。

 

1999年、結腸癌を宣告されたシュルツは引退を宣言し、2000年に他界します。

77歳でした。

 

むかちん

むかちん歴史日記421 お笑い・感動を与えたくれた心に残る漫画家たち① 昭和初期を代表する漫画家~田河水泡

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)


今日はお笑い・感動を与えたくれた心に残る漫画家たちシリーズの第一弾!!!


のらくろ』が子どもから大人まで人気を博した


田河水泡(1899-1989)


を紹介します(*^▽^*)


f:id:ooemaru:20190603102008p:plain
参照元 
https://books.bunshun.jp/articles/-/1797


田河水泡は1899年に現在の東京都墨田区で誕生します。

田河の出生直後に母が他界し、父も再婚することになったため、子どものいなかった伯父夫婦に育てられました。

伯父が中国画などを愛好していたこともあり、田河も絵筆をとるようになりました。

再婚した父親も亡くなり、育ての親であった伯父も小学校の頃に他界すると、一転して生活に困窮するようになり、田河は尋常小学校を卒業後、働かざるを得なくなりました。


その後、徴兵され、満州や朝鮮で生活を送り、1922年に除隊して帰国。
帰国後は画家を目指して、日本美術専門学校に入学します。


田河は卒業後、展示装飾の手伝いや広告デザインの仕事でどうにか食いつなぎ、もう一つの夢であった文筆家への進出も試みます。


当初、田河は小説で売り込もうと考えましたが、ライバルが多すぎることや無名の新人を取らないであろうということから、落語や講談に目をつけ、書下ろし新作の落語の執筆にとりかかりました。


書いた新作落語が「面白倶楽部」に掲載されて以降、いろいろな出版社から声がかかるようになり、売れっ子落語作家となっていきます。


落語作家として売れっ子となる中、美術学校卒業という経歴が面白がられ、新作落語に挿絵を描いてほしいという依頼を受けるようになります。


落語作家の傍ら、1929年に初連載となる『人造人間』を書きあげます。
そして漫画家としてのペンネームとして「田河水泡」という名前を使うようになります。


1929年には初の子ども向け連載『目玉のチビちゃん』の連載を開始します。


同作連載終了後、『のらくろ』の執筆を開始し、設定を軍隊にすることにより、
自らの徴兵時代を反映させる事が可能になり、独特の世界観を作り上げ、
同作は爆発的な人気を獲得することになります。

f:id:ooemaru:20190603110845p:plain
参照元 
https://www.pinterest.jp/pin/326370304229888100


そして、戦前としては異例の長期連載作品になります。

1941年に同作は打ち切られますが、その影響力は大きく、幼い手塚治虫のらくろを模写していたと言われています。


戦後は『のらくろ』の執筆を再開する一方で、落語の執筆も再開。

1969年には紫綬褒章を受章します。


長谷川町子は田河の内弟子となりますが、彼女がクリスチャンであったこともあって、彼女の付きそいで、自宅の隣にあった教会に通ったところ、妻が長谷川が実家に戻ったあとも教会に通い続け、
田河夫妻は教会の洗礼を受けることとなります。


1989年、肝臓がんのため、死去。90歳でした。


むかちん

むかちん歴史日記420 改革・革命で影響を与えた人々⑤ イラン革命の指導者でイランの最高指導者~ルーホッラー・ホメイニー

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は改革・革命で影響を与えた人々の第5弾!!!

 

イラン革命の指導者で、イランの最高指導者として大きな影響を与えた

 

ルーホッラー・ホメイニー(1902-1989)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

Portrait of Ruhollah Khomeini By Mohammad Sayyad.jpg

参照元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%BC

 

ルーホッラー・ホメイニーは1902年、イラン中部の町で、シーア派第7代イマーム、ムーサーの子孫を称するサイイド(預言者ムハンマドの直系子孫)の家系に生まれます。

 

ホメイニーは生後5か月で、法学者であった父親が地元の人間に殺害されてしまったため、母親と叔母に育てられます。

イランのシーア派の聖地ゴムでイスラム法学を学び、シーア派の上級法学者を意味するアーヤトッラーの称号を得ます。

 

ホメイニーは第二次世界大戦中の1941年ごろから、モハンマド・レザー・パフラヴィー皇帝の独裁的な西欧化政策に対する不満を表明し、皇帝が宣言した「白色革命」の諸政策について、批判して、抵抗運動の呼びかけを見せたため、逮捕されます。

 

このときは釈放されたたものの、政権批判は継続し、翌年1964年にホメイニーの国民への影響力を恐れた皇帝から拉致され、国外追放されるのを受け、亡命します。

 

パフラヴィー皇帝の諸政策は西欧化を独裁的に進めるもので、庶民の貧富の差は拡大していく一方で、これに反発して国民から抵抗運動が巻き起こり、ホメイニーはその象徴的な人物となっていきます。

 

ホメイニーはトルコに滞在したあと、イラクへと移り、1978年にはフランスへ亡命します。

1979年、ホメイニーが亡命先のフランスから糸を引いて、反体制運動は高まり、これに耐えかねた皇帝は家族とともにエジプトへ亡命します。

 

これによってホメイニーは15年ぶりに帰国を果たし、ただちにイラン革命評議会を組織します。

そして「イスラム共和国」への移行の是非を問う国民投票を行い、98%の賛意によって、「イラン・イスラム共和国」の樹立を宣言します。

そしてホメイニー自身は「法学者の統治論」に基づいて、最高指導者(国家元首)となります。

 

この一連の動きをイラン革命と呼びます。

 

新政権はイラン・イラク戦争や外交危機など様々な問題と向き合いますが、

ホメイニーは諸政策に強い影響力をもって携わりました。

 

ホメイニーは革命後は一転して、社会主義者世俗主義者を弾圧し、事実上の宗教独裁体制を敷きました。

ただ、イスラム法が現実に適合するように努力をしました。

 

1989年死去。86歳でした。

むかちん歴史日記419 改革・革命で影響を与えた人々シリーズ④~メキシコ革命を先頭で指揮した指導者~フランシスコ・マデロ

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は改革・革命で影響を与えた人々シリーズの第四弾、

 

メキシコの独裁政権に挑み、革命を起こした

 

フランシスコ・マデロ(1873-1913)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

Francisco I Madero.jpg

参照元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%87%E3%83%AD

 

◆フランシスコ・マデロは1873年、メキシコで誕生し、ポルトガル系の裕福な家系で育ちました。

 

メキシコでは、独裁者のポルフィリオ・ディアスの下で無原則な外資導入などが行われ、外見的には経済発展しているように見えていましたが、内実は貧富の差がどんどん広がっていきました。

 

さらに1907年にアメリカで恐慌が発生し、メキシコにもその影響が波及すると、大農園主の中にも経済的に困窮する者が現れ始め、多くの労働者が職を失い、労働争議も頻発するようになります。

 

それでもなお、ディアスは1910年の大統領選にも出馬しました。

それの対抗馬としてマデロも大統領選に立候補します。

 

30年にもわたるディアスの独裁政権で腐敗はどんどん進み、民衆は刷新を求めていたことから、マデロの支持は拡大していきました。

 

この状況を見たディアスは「民主的な選挙」という仮面を捨て、なんとマデロを逮捕してしまいます。

選挙中、マデロは収監先に閉じ込められ、結局、ディアスが大統領に再任されると、恩赦によってマデロは出所します。

 

マデロはアメリカに亡命して、ディアスの当選無効を主張し、一斉蜂起を呼びかけました。これはのちにメキシコ革命と呼ばれます。

 

反乱軍がメキシコの最大都市のひとつであるシウダ・フアーレスを占領し、政府軍と停戦交渉にあたります。

そして1911年5月、ディアスが辞任します。そしてフランスへと亡命します。

 

同年10月の大統領選でマデロは勝利を収め、マデロは大統領に就任します。

しかし、このとき、革命派の中はサパタ派と保守主義派に分裂しており、マデロの政策は一部旧支配層の権益を守るものであったため、革命指導者のひとりであった、エミリアーノ・サパタが反乱を起こします。

 

これは鎮圧されますが、マデロ政府の軍司令官であったビクトリア―ノ・ウエルタが駐墨アメリカ大使とディアスとの会談で、ポストを約束されたことから、マデロに対する反乱軍側に寝返って、マデロを逮捕します。

 

マデロは1913年、メキシコシティの刑務所への移送中に処刑されます。

 

当時のマデロ大統領の家族はメキシコの日本大使館に保護の要請がなされ、駐墨日本大使は危険を顧みずに家族を保護しました。

 

 

むかちん

むかちん歴史日記418 改革・革命で影響を与えた人々③ フランス最後の皇帝となった~ナポレオン3世

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日はクーデターで独裁権力を掌握し、歴史上、最後のフランス皇帝となった

 

ナポレオン3世(1808-1873)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

Napoleón 3º (1865).jpg

参照元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B33%E4%B8%96

 

ルイ・ナポレオン(のちのナポレオン3世)は1808年、ナポレオン・ボナパルトの弟の三男として誕生します。

 

1815年、ナポレオンの失脚によるブルボン家復古王政によって家族ともども追い出され、長きにわたる亡命生活を余儀なくされます。

 

1830年復古王政が倒れ、ルイ・フィリップ七月王政が誕生しますが、それでもフランスへの帰還は叶いませんでした。

 

ボナパルト家の帝政復古を呼びかけて、ストラスブール一揆をおこし、これは失敗、アメリカ追放となります。

さらに1840年、ブローニュで一揆をおこしますが、ここでも逮捕され、今度は終身刑に処されます。

 

1846年、父の危篤に際して脱走し、ベルギーを経て、ロンドンへ逃れます。

 

1848年、二月革命によって七月王政が崩壊すると、フランスへの帰国を果たし、憲法制定議会議員補欠選挙で当選します。

そして同年12月の大統領選に出馬、「ナポレオン」という知名度の高い姓を活かして、当選を果たします。

 

第二共和政では大統領権力が弱かったため、国民議会から政治主導権を奪う必要があるとして、クーデターを計画、1851年に決行します。

 

これがルイ・ボナパルトブリュメール18日のクーデターと呼ばれ、これによって国内の反対勢力を一掃、大統領に全権を認めた1852年憲法を制定し、独裁体制を樹立します。

 

そして1852年12月、ルイ・ナポレオン国民投票の上で、皇帝即位を宣言し、第二帝政を樹立、ナポレオン3世と名乗りました。

 

クリミア戦争での勝利でフランスの国際的地位を高め、アジア諸国に対しては帝国主義政策をもって臨み、ナポレオン3世の治世下では領土を3倍に拡張させます。

 

しかし、メキシコ出兵の失敗やプロイセンビスマルクの策動によって、1870年普仏戦争に追い込まれ、彼自身がプロイセン軍の捕虜となります。

 

これによってナポレオン3世の求心力は一気に低下し、第二帝政は倒されて、第三共和政へと移行します。

普仏戦争終結後、プロイセン軍から釈放され、イギリスへ亡命、その後も復位をあきらめてはいませんでしたが、1873年に同国で亡くなります。

64歳でした。

 

 

むかちん