むかちんの歴史日記

歴史大好き男による歴史のあるあるやトリビアを綴る日記★

むかちん歴史日記334 存在の意味を考え続けた哲学者たち④ 弁証法を基礎に存在論を研究した~ヘーゲル

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は存在の意味を考え続けた哲学者たちシリーズの第4弾!!!

 

弁証法を基礎に存在論を検証した

 

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(1770-1831)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20190307121359j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%AB

 

 

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルは、

1770年、神聖ローマ帝国シュトゥットガルト中産階級の家庭に誕生します。

 

母親が進歩的な教育者であり、幼少期は学問の機会に恵まれていたため、5歳でラテン語学校に入り、哲学や文学などの書物を読み漁っていたそうです。

 

ヘーゲルは7歳から18歳までの教育家庭としてギムナジウムに進学します。

ヘーゲルは1783年に最愛の母を失い、1785年には恩師を失うが、

学ぶ意欲は衰えることはありませんでした。

 

ギムナジウムではギリシア・ローマの古典が授業の中心に据えられていましたが、

ヘーゲルが好んだのはギリシア悲劇でした。

ヘーゲルは生涯、悲劇を愛し続け翻訳などにも取り組みました。

 

1788年にはテュービンゲン大学に入ります。

このころは世界史的にも激動の時代で、

同年、カントの「純粋理性批判」が公刊され、カント哲学が完成を見せていく中で

ヘーゲルはカントに強い影響を受けます。

 

デュービンゲン大学は神学教育を受けますが、神学院は規律正しい一方で、修道生活は重いものでした。

 

こうした暮らしの中で交流をもちはじめたのが、詩人のヘルダーリンや哲学者のシェリングでした。

 

神学校の雰囲気に合わないという点で合致し、互いに刺激しあったそうです。

 

また1789にフランス革命が勃発すると、絶対主義の領邦国家であったヴェルテンベルグの地にもとどろき、ヘーゲルもまたその一人でした。

 

ヘーゲルフランス革命を支持する政治クラブの熱烈な弁士で、特にこのころはジャン・ジャック・ルソーに心酔していました。

 

大学を卒業すると、キリスト教への反感から牧師にはならず、哲学者の道を進みますが、いきなり哲学者になれるわけでもなく、家庭教師として生計を立てます。

 

このころ、フランス革命ロベスピエールによる恐怖政治へと変貌しており、

ヘーゲルは非常に失望し、これを非難しました。

 

ヘーゲルが哲学者として自立していくのは、1801年にシェリングがいたイェーナ大学に講師として入り、のち員外教授となって哲学史の講義の担当をするなど、

徐々に影響力をつけていくようになります。

 

しかし、1807年、ナポレオン軍のドイツ侵攻によって、イェーナ大学は閉鎖され、ヘーゲルは失職の憂き目に遭います。

 

新聞編集者で生計を立てることになりますが、

1808年、ニュルンベルクギムナジウムの校長の職を紹介され、

運営をしながら14歳から19歳の少年たちに難解な論理学を教えるために

多くの時間と労力を注ぎ込むようになります。

 

ヘーゲルはそうしたなかで、弁証法をもとに存在論を提唱し、

哲学者として大成していきます。

 

その後、念願の教授職にも就きますが、

1831年コレラによってこの世を去ります。61歳でした。

 

◆名言

ーーーーーーーーー

幸福で安全だった時代は歴史のうえでは白紙になる。

 

ーーーーーーーーー

この世で情熱なしに達成された偉大なことなどない。

 

ーーーーーーーーー

むかちん

 

むかちん歴史日記333 存在の意味を考え続けた哲学者たち③ 哲学者であり、数学者で、新たな存在論を提起した~ライプニッツ

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は、存在の意味を考え続けた哲学者たちシリーズの第三弾!!!

 

哲学者であり、数学者で、「予定調和説」を提唱した

 

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ(1646-1716)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20190307101253j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%84

 

◆ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツは、1646年にライプツィヒで誕生します。

1661年にライプツィヒ大学に入り、数学と哲学を学んだほか、イエナ大学で法学と史学、アルトドルフ大学で法学の博士となります。

 

1668年にマインツ選帝侯に仕え、このマインツ時代から多数の文通を行っていたそうです。

 

1673年、庇護者であったマインツ選帝侯が亡くなったため、職を失うことになり、

パリで求職活動をしながら、多くの学者と交流を持ちました。

 

そして1675年、ライプニッツ微積分法を発見します。

現在も使われている記号は彼の考案によるところが大きいそうです。

 

一方でライプニッツは記号に憑りつかれていたといえるほど、こだわりを持っていた人物で、

論理学における形式言語にあたるものを初めて考案しました。

 

それを使えば、どんな推論も代数計算のように、単純で機械的な作業に置き換えることができると考え、優秀な人材が行えば、それは5年ほどで実現するに至ると信じていたようですが、

 

実際には300年のときを要して、それが実現されることとなりました。

 

1676年、カレンベルク候、ヨハン・フリードリヒによって顧問官兼図書館長に任じられて、ハノーファーへ移住、生涯その地で過ごすことになります。

 

1700年にはベルリンに招かれ、ベルリン科学アカデミーの設立に尽力して、初代会長に就任、1710年にはアムステルダムの出版社から「弁神論」を匿名で刊行、

1714年には『モナトロジー』の草稿を書き上げます。

 

彼は「予定調和説」を提唱し、現在でも形而上学で提示される「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか?」という問いを一番最初に定式化したと言われています。

 

なぜこの世界があるのか、という問いに対し、「神があらゆる可能世界の中から最も良い世界を選んでこの世界を現実化した」という最善説を唱えました。

 

現代からすると非常に神学的な回答になっていますが、当時の社会背景では、おかしなことではありませんでした。

カントがこうした神学的な回答を批判するまでは、こうした論証も存在しえたのです。

 

1716年、ライプニッツハノーファーで亡くなりますが、

この『モナトロジー』は彼の死後である1720年に刊行されました。

むかちん歴史日記332 存在の意味を考え続けた哲学者たち② スコラ学から存在論を提唱した~トマス・アクィナス

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は、スコラ学から存在論を提唱した神学者であり、哲学者

 

トマス・アクィナス(1225?-1284)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20190306120949j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%82%B9

 

トマス・アクィナスは1225年ごろに南イタリアの貴族の家系に誕生します。

父親はランドルフ伯、母親は神聖ローマ帝国のホーエンツォレルン家につらなる血筋でありましたが、

伯父がモンテ・カッシーノ修道院の院長であったため、アクィナスはやがて、そこを継ぐことを期待されていました。

 

このような背景から5歳で修道院に預けられ、そこで学びましたが、

ナポリ大学を卒業すると、両親の意に反して、ドミニコ会に入会します。

 

家族は彼に翻意を促しますが、彼の決心は揺らぎませんでした。

 

ついに家族が折れて、ドミニコ会への入会を認められると、ケルンで学び、そこで生涯の師、アルベルトゥス・マグヌスに出会います。

 

のち、パリ大学神学部教授となり、その後は教皇ウルバヌス4世の願いによってローマで暮らすことになります。

 

アクィナスは非常に研究熱心であったと言われ、

最大の業績といえば、キリスト教思想とアリストテレスを中心とした哲学思想を統合させたことにあると言われています。

 

スコラ学の大成者と言われ、著作である『神学大全』はキリスト教世界に大きな影響を与えました。

彼は神の存在証明を神学にアリストテレス的な哲学を用いて行いましたが、

それは当時の時代背景が大きく影響しています。

 

彼が生きた時代は十字軍によるイスラムからのイェルサレム奪還が図られた時代。

イスラムの思想が西欧世界に流入してきた時代でした。

 

キリスト以外の価値観が流入してきたことによって、

それまでの理屈では説明しきれないことが増え、キリスト教的価値観が揺らぎ始めたのです。

 

揺らいだその価値観を確固たるものにしようとしたのが、アクィナスの研究でした。

キリスト教を確固としたものにしていくために、アクィナスはアリストテレス的哲学を神学に活用して、神の存在を証明しようとしたのです。

 

1272年、フィレンツェ教会会議で、アクィナスは神学大学を設立するよう求められ、温暖な故郷、ナポリを選んで、著作にも集中しました。

 

1274年、第二リヨン公会議への出席を要請されて、ナポリからリヨンへ向かう道中、健康状態を害し、この世を去ります。49歳没。

 

◆名言

ーーーーーーーーー

誰かを愛することは、その人に幸福になってもらいたいと願うことである。

 

むかちん

 

むかちん歴史日記331 存在の意味を考え続けた哲学者たち① 西洋哲学の源流~プラトン

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は存在の意味を考え続けた哲学者たちシリーズの第一弾!

 

西洋哲学の源流とされ、ギリシア哲学の主要な人物

 

プラトン(前427-前347)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20190306094940j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%B3

 

プラトンは紀元前427年にアテネ最後の王コドロスの血を引く一族として、アテナイに誕生します。

 

若いころのプラトンソクラテスの門下で哲学や対話術を学びながら、政治家を志していましたが、

三十人政権やその後の政治にプラトンは幻滅し、国制・法律などの研究は続けたものの、現実政治への関与は避けました。

 

特に紀元前399年に師であるソクラテスが、裁判にかけられ、死刑となったことが大きな契機になったと言われています。

 

紀元前388年ごろにシケリア(シチリア)、エジプトを遍歴し、ピュタゴラス派やエレア派などと交流をもったとされます。

 

帰国後、プラトンアカデメイアの地に学園を設立し、地名そのままに「アカデメイア」と呼ばれるようになります。

このアカデメイアでは、天文学、生物学、数学、政治学、哲学等が教えられました。

そこでは対話が重んじられ、教師と生徒の問答によって教育がなされました。

 

プラトンの門弟であるアリストテレスは紀元前367年にアカデメイアに入門し、

20年間学業生活を送ります、

 

紀元前367年に2回目のシケリア旅行に行き、若き王を指導して、哲人政治を目指しますが、流言飛語によって、シケリアを追い出されてしまいます。

 

紀元前361年にもシケリアへ渡りますが、政争に巻き込まれて、軟禁。

なんとか脱出します。

 

プラトンの存在の思想で有名なものに「イデア論」というのがあります。

「個々の事物をそのものたらしめている根拠である真の実在」とプラトンは定義しました。

 

またこのような考えのようです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

生成変化する物質界の背後には、永遠不変のイデアという理想的な範型があり、イデアこそが真の実在であり、この世界は不完全な仮象の世界にすぎない。不完全な人間の感覚ではイデアを捉えることができず、イデアの認識は、かつてそれを神々と共に観想していた記憶を留めている不滅の魂が、数学・幾何学や問答を通して、その記憶を「想起」(anamnêsis、アナムネーシス)することによって近接することができるものであり、そんな魂が真実在としてのイデアの似姿(エイコン)に、かつての記憶を刺激されることによって、イデアに対する志向、愛・恋(erôs、エロース)が喚起される

 

参照 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%B3

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記のようにプラトンは「存在」をとらえました。

 

晩年はアカデメイアでの教育と著述に力を注ぎ、80歳で亡くなります。

 

ーーーーーーーーー

 

◆名言

ーーーーーーーーー

愛のない選択は、決して良い結果にはならない

 

ーーーーーーーーー

「不正」はお互いの間に不和と憎しみをつくり出し、「正義」は協調と友愛をつくり出す

 

ーーーーーーーーー

子供が暗闇を恐れるのは理解できるが、成人が明るみを恐れるのは全く悲劇としか言えない

 

ーーーーーーーーー

一流を目指す者は、自分自身や自分に関する事に囚われず、自分でなそうと、他人によってなされようと、その事(自体)だけに愛着せよ

 ーーーーーーーーー

自分を幸せにする要因を他人に求めず、自分だけに基づく者は幸せに過ごす最善の方策を持つ。この者は節度を知り人間性に富み、賢い

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

むかちん

 

 

むかちん歴史日記330 ハワイの歴史にまつわる人々の物語⑤ ハワイ真珠湾攻撃を推進し、悲劇の提督と呼ばれた男~山本五十六

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は、 ハワイの歴史にまつわる人々の物語シリーズの第5弾!!!

 

日米開戦に反対したものの、開戦後は前線で戦い続けた真珠湾攻撃推進の提督

 

山本五十六(1884-1943)

 

を紹介します。

 

f:id:ooemaru:20190305125354j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E4%BA%94%E5%8D%81%E5%85%AD

 

山本五十六1884年新潟県で誕生します。

 

1901年、海軍兵学校に200人中2番の成績で入り、日露戦争中の1904年に卒業します。

キリスト教への造詣が深く、いつも聖書を傍らに置いていたそうです。

 

1905年には日本海海戦に参加。大けがを負います。

 

1919年にはアメリカ駐在となり、ハーバード大学に留学します。

 

1921年に帰国し、海軍大学校教官となります。

1924年、山本は砲術から航空へと転科して、航空技術の発展に深く関与していくようになります。

そして1925年には日本初の空母「鳳翔」が完成します。

 

f:id:ooemaru:20190305131344j:plain

参照元 

https://trafficnews.jp/post/82629

 

1929年、海軍少将として、ロンドン軍縮会議に出席し、軍縮案に強硬に反対します。

海軍内でも意見が割れますが、これが山本を出世へと導くきっかけになります。

 

1930年には海軍航空本部技術部長に就任し、航空主兵を強力に推進すると同時に、

日本海軍航空機の発展に尽力します。

 

1936年、二・二六事件と呼ばれる陸軍皇道派によるクーデター未遂事件では、

それに賛同する海軍兵士を一喝し、重傷を負った鈴木貫太郎のために医者を呼びました。

時の総理大臣、岡田啓介の救出にも加わっています。

 

盧溝橋事件が発生し、日中戦争に拡大したころ、日独伊三国同盟の締結の話が上がり、

山本はこれに強く反対します。

英米との関係悪化で日中戦争の収束が図れなくなること、日ソ開戦となった場合、ドイツは距離が遠すぎて支援が望めないなどの理由からでした。

 

1939年には連合艦隊司令長官に就任。

山本はアメリカとの国力の差は幾度かの駐在経験で理解していましたが、

その思いとは裏腹に日本はドイツと接近、アメリカとの開戦の雰囲気を漂わせていました。

 

山本は持論として、アメリカと戦うにはハワイの真珠湾を奇襲する作戦を以前から考えていました。

主力機動部隊を緒戦で壊滅させ戦意をくじく心理的効果と敵の機動力の喪失を狙っていたのです。

 

そしてマレー作戦など南に転じていきますが、

1943年4月18日、山本を載せた攻撃機ラバウル基地を出発。

ブーゲンビル島上空で、アメリカ陸軍航空隊の戦闘機により、撃墜され、戦死します。

59歳でした。

 

◆名言

ーーーーーーーーー

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

 

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

 

ーーーーーーーーー

苦しいこともあるだろう。

云い度いこともあるだろう。

不満なこともあるだろう。

腹の立つこともあるだろう。

泣き度いこともあるだろう。


これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。

 

ーーーーーーーーー

博打をしないような男はろくなものじゃない。

 

ーーーーーーーーー

人は神ではない。

誤りをするというところに人間味がある。

 

ーーーーーーーーー

ああ われ何の面目ありて見(まみ)えむ大君に

将又(はたまた)逝きし戦友の父兄に告げむ言葉なし

いざまてしばし若人ら死出の名残の一戦を

華々しくも戦ひてやがてあと追ふわれなるぞ

 

ーーーーーーーーー

中才は肩書によって現はれ、大才は肩書を邪魔にし、小才は肩書を汚す。

 

ーーーーーーーーー

 

むかちん

むかちん歴史日記329 ハワイの歴史にまつわる人々の物語④ ハワイ王国最後の国王にして、唯一の女王~リリウオカラニ

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日はハワイの歴史にまつわる人々の物語の第4弾!!!

 

ハワイ王国最後の国王にして、唯一の女王でもある

 

リリウオカラニ(1838-1917)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

 

f:id:ooemaru:20190305121118j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%8B

 

◆リリウオカラニ1838年、ホノルルのカラカウア家に誕生します。

4歳のときに「首長指定学校」と名付けられたローヤルスクールに入学して、他のホノルルの王族とともに、英語や音楽を学びます(≧▽≦)

 

1877年、兄のカラカウアが国王となり、

1887年には、ヴィクトリア女王の在位50周年式典に兄の名代として、王妃にとともにイギリスへ渡航します。

この機に共和制派のクーデターによって、カラカウアは王の権限を制限する新憲法に署名せざるをえない状況に陥ります。

 

1891年、カラカウアが渡米先で亡くなると、リリウオカラニが女王として即位し、

共和制派と対立を深めます。

 

共和制派はアメリカのスティーブン公使の要請により、兵士が宮殿を包囲し、王政廃止と臨時政府樹立の宣言をします。

 

列強の幾分かがこの臨時政府を承認していくなかで、不快感を示したのは日本で、軍艦を送るなどして、王政維持を支持します。

 

米国政府もまた、共和政は不法という認定を行い、スティーブン公使を更迭します。

 

1894年には臨時政府がサンフォード・ドールを大統領として、共和国の独立宣言を行います。

王政派は反乱を繰り返しますが、ついにはリリウオカラニも逮捕され、反乱を起こして捕らえられた200人の命と引き換えに王政廃止に署名をさせられます。

 

これによってハワイ王国は滅亡します。

 

そのハワイ共和国も1898年にアメリカに併合されます。

 

リリウオカラニは旧女王としてハワイ人の敬愛を受けながら、1917年、79歳で死去します。

 

 

むかちん

 

 

 

むかちん歴史日記328 ハワイの歴史にまつわる人々の物語③ 権益のためのハワイ併合を認めなかった正直さと高潔さの大統領~グロバー・クリーブランド

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日はハワイの歴史にまつわる人々の物語の第三弾!!

 

正直さと高潔さでアメリカによるハワイ併合を認めなかった大統領

 

グロバー・クリーブランド(1837-1908)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20190301104251j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89

 

◆グロバー・グリーブランドは1837年にアメリカ、ニュージャージー州に誕生します。

その後、家族と共にニューヨーク州北部に移住し、父親が亡くなったあとは、同州のバッファローに住む富裕で有力な伯父のところへ移ります。

 

そして1859年には司法試験に合格、保安官になります。

 

1881年バッファロー市長に選出、1882年にはニューヨーク州知事に選出され、その行政改革の手腕を認められます。

 

1884年民主党候補として大統領選挙に出馬し、1885年に大統領に就任します。

彼は非常に大統領らしい大統領で、細部にわたるまで自分で決めないと気が済まない性格でした。

 

しかし1888年の大統領選挙では共和党候補に敗れます。

そこから共和党ベンジャミン・ハリソンが大統領になりますが、

共和党が大手産業を優先して、労働者を見放す姿勢を示したため、

1892年の大統領選では、大衆が民主党に流れ、再びグリーブランドが大統領に就任します。

 

グリーブランドはその誠実さと信念から膨張主義的な政策や実業界の利益が仕組まれたものに対しては消極的な姿勢を示しました。

 

その一つがハワイ併合問題です。

 

彼としてはアメリカには「ニュー府フロンティア」は消滅し、「明白な天命(マニフェスト・デスティニー)」は果たされたというスタンスでした。

 

そのうえでアメリカによるハワイ併合については「革命家たちの無法な占拠」として、認めない方針を貫きました。

 

結局、彼の在任中には行われず、のちの共和党マッキンリー大統領が「海のフロンティア政策」を掲げて併合するに至ります。

 

そのほかにもキューバの反乱に対しては中立を保ちます。

 

クリーブランドホワイトハウスを去った後は、

ニュージャージー州プリンストンで過ごし、プリンストン大学などで講演などを行います。

 

1898年にはマッキンリー大統領がフィリピンを併合する際に、

被治者の同意の必要性という建国以来の共和主義の理念に反するとして反対し、

アメリ反帝国主義連盟を結成します。

 

このほか、逸話としてはグリーブランドはホワイトハウスで初めて結婚式を挙げた大統領としても知られ、28歳年下の奥さんをめとりました。

 

夫人はアメリカ史上最も若い21歳のファーストレディーでした。

 

またクリーブランドは一時期110キロもあった巨漢で知られます。

 

1908年、クリーブランドは71歳で亡くなります。

 

むかちん