むかちんの歴史日記

歴史大好き男による歴史のあるあるやトリビアを綴る日記★

むかちん歴史日記66 九州大学とか九工大とかはまさに学問の神様のお膝元!~菅原道真

むかちんです(*´∀`)ノ
今日は学問の神様、菅原道真(845-903)について紹介します
\(^o^)/\(^o^)/

f:id:ooemaru:20180606113602j:plain
参照元 http://sp.dazaifutenmangu.or.jp/about/michizane

学問の神様!!!
といえばこの方かと思います\(^o^)/

福岡の太宰府天満宮に祀られていて、
九州大学とか九工大とか福岡の大学は
まさに学問の神のお膝元ですね♪

◆道真公は神童と呼ばれ、幼少期から学問の才能を発揮していました(*゚▽゚)ノ

5歳の頃から和歌もやっていたそうです☆

学者としての最高位、文章博士にもなります♪

官吏としての実績も積み、宇多天皇の厚い信任も得ますが、
藤原時平の政略により、太宰府に突如左遷されるのです☆

そして太宰府で生涯を閉じました。

◆実はまだ続きます♪
道真の死後、都では、貴族の死や落雷が相次ぎ、
道真を追いやった藤原時平も若くして死んでしまいます。

これは道真のたたりではないかということで、
怒りを鎮めるために各地で祀られます。

時が経つにつれ、その色合いは薄まり、
道真が非常に秀才な学者であったので、
学問の神様として、称えられるようになるのです♪

◆名言
心だに 誠の道にかないなば 祈らずとても 神や守らん

むかちん

むかちん歴史日記65 新宿新次のああ荒野の作者~寺山修司

むかちんです♪
今日は映画でも話題になった
ああ荒野の作者、寺山修司(1935-1983)さんです!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

f:id:ooemaru:20180606025436j:plain
参照元 http://number.bunshun.jp/articles/-/422500?page=1

言葉の錬金術師、昭和の啄木などといわれ、
膨大な量の文芸作品も発表しました(*´∀`)ノ

高校時代から文芸部に入り、
俳句などを詠みはじめたりしていて、

早稲田大学入学後は短歌を始めます♪
同級生は山田太一監督だそうです
(((o(*゚▽゚*)o)))

途中からはシナリオも書くようになり、
1967年には劇団も結成します。

非常に多才に活躍され、
あしたのジョーの力石の葬儀の主宰などもされています。

1983年に47歳で死去。
短い生涯でしたが、数多くの作品でたくさんのひとを魅了しました。

むかちん歴史日記64 コーヒー飲みながら聞きたい~ショパン~

むかちんです\(^o^)/
今日は応接間でコーヒー聞きながら、
Waltzを聞かせてほしい

ショパン(1810~1849)

を紹介します♪

f:id:ooemaru:20180604190251j:plain
参照元 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%91%E3%83%B3


ショパン一家は音楽一家で、
父はフルートとヴァイオリン、母はピアノに長けていて、
音楽のエリートのための寮を切り盛りして、
寮生に音楽を教えていました。

ショパン自身も7歳から演奏会を行うようになり、
モーツァルトベートーヴェンと比較されるほどの腕前だったそうです
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

11歳で、ポーランドに来たロシア皇帝の前で、演奏します♪


ショパンはそこから世界を広げていき、
ベルリンへ赴きます\(^o^)/

そして、ウィーンで鮮烈デビューを果たします♪♪
演奏家、作曲家として、人気がでたショパンは西ヨーロッパへ活動を広げていきます
(((o(*゚▽゚*)o)))

ショパンは1849年に亡くなります♪
ショパンはそれまでにピアノ曲を中心に数多くの曲を残します。

ショパンはタイトルをつけることを好まなかったので、
タイトルは後年、つけられたものかと思います。

きれいな曲やワルツが多く、
僕も聴いてみようと思います\(^o^)/

◆名言

          • -

常識というが、これは非常に小さな要素に違いない。というのは常識がぼくの頭からすべてのほかの考えを引き出すほど強力なものではないのだから

          • -

むかちん

むかちん歴史日記63 新宿を終焉の地にした~小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)

むかちんです\(^o^)/
今日は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)を紹介します☆

f:id:ooemaru:20180603103351j:plain
参照元 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B3%89%E5%85%AB%E9%9B%B2

ラフカディオ・ハーンギリシャ生まれの新聞記者、作家、学者です♪♪

1896年に日本国籍を取得して、
小泉八雲」と名乗ります\(^o^)/

八雲は怪談話を英語で記した『怪談』などを出版しました(((o(*゚▽゚*)o)))

欧米に日本文化を紹介する文献を書いたりもしました♪♪

文章へのこだわりがとても強い方で
9回書き直して書くんだとか\(^o^)/

神秘性の高い作品を数多く書き残しました(*゚▽゚)ノ

◆名言

          • -

日本人ほど
お互い楽しく生きていく秘訣を心得ている国民は
ほかにちょっと見当たらない

          • -

諸君が困難に会い
どうしてよいか全くわからないときは
いつでも机に向かって何かを書きつけるのがよい

          • -

むかちん

むかちん歴史日記62 大森治豊~九州大学を生んだ外科の神様~

むかちんです\(^o^)/
今日は九州大学の創設者で外科の神様と呼ばれた

大森治豊さん

を紹介します♪♪♪

f:id:ooemaru:20180602165724j:plain
参照元 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E6%B2%BB%E8%B1%8A

東大医学部卒業後、福岡医学校に赴任して、
日本で初めて帝王切開に成功した外科の神様と呼ばれた医者です♪

そこから腹部手術を次々に行って、
腹部外科の開拓者となりました\(^o^)/

福岡医科大学(現九州大学)の初代学長に就任して、
医学に多大なる影響を及ぼしました。

むかちん歴史日記61 渋沢栄一~ドラマ、映画、小説に登場する経済人~

むかちんです\(^o^)/

今日は日本の資本主義の父と言われる

渋沢栄一

を紹介します♪♪


f:id:ooemaru:20180601123016j:plain
参照元 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%8B%E6%B2%A2%E6%A0%84%E4%B8%80


渋沢栄一さんは
数多くの企業の設立に携わり、
第一国立銀行東京証券取引所などの
設立にも携わっています\(^o^)/

◆最初は一橋家の徳川慶喜に仕え、
ヨーロッパ各地にも訪問、大きな影響を受けます。

その後は慶喜より自分の道を生きよと言われて、
そののち、大隈重信の説得により、大蔵省へ入省、
その後、退官して商法講習所を設立します\(^o^)/

◆かれは、第一国立銀行(現みずほ銀行)の頭取に就任します♪
東京ガス王子製紙キリンビールなど彼が設立に携わった企業は500程度あると言われています♪

まさに日本の資本主義の父といえます(*゚▽゚)ノ

渋沢さんのすごいのは「私利を追わずに公益を図る」ところで、財閥は作らなかったそうです。

渋沢は教育にも力を入れ、森有礼とともに商法講習所(現一橋大学)を設立します♪

そのほかにも東京経済大学日本女子大などの設立にも携わっています♪

◆名言

          • -

もうこれで満足だという時は、
すなわち衰える時である。

          • -

人は全て自主独立すべきものである。
自立の精神は人への思いやりと共に
人生の根本を成すものである。

          • -

商売をする上で重要なのは、
競争しながらでも
道徳を守るということだ。

          • -

どんなに勉強し、
勤勉であっても、
上手くいかないこともある。
これは機がまだ熟していないからであるから、
ますます自らを鼓舞して
耐えなければならない。

          • -

できるだけ多くの人に、
できるだけ多くの幸福を
与えるように行動するのが、
我々の義務である。

          • -

事業には信用が第一である。
世間の信用を得るには、
世間を信用することだ。
個人も同じである。
自分が相手を疑いながら、
自分を信用せよとは虫のいい話だ。

          • -

むかちん

むかちん歴史日記60 美空ひばり〜代表曲、新宿の女、川の流れのように、愛燦燦など〜

むかちんです(*⁰▿⁰*)

今日は60回目を記念して昭和の大スター、美空ひばりさんを紹介します(*^▽^*)

(1937-1989)

f:id:ooemaru:20180531122318j:plain

参照元 

http://www.tapthepop.net/live/44528

 

日本で知らない人はいないのではないかと言われるほどの大御所、

美空ひばりさん。

 

彼女は12歳でデビュー、「天才少女歌手」と言われました。

1954年に紅白歌合戦に初出場。

江利チエミ雪村いづみとともに三人娘とよばれました。

 

1957年の紅白歌合戦では、ベテラン歌手を押さえて大トリを飾るなど

絶頂の人気を誇りました。

 

1964年、自身最高のヒットとなる「柔」が180万枚を売り上げる。

 

1981年に、一卵性親子とまでいわれ、いつも一緒にいた母が亡くなり、

周囲の懇意だった人たちが次々に亡くなると、その孤独さから酒とタバコが増え、

ひばりさんの体を蝕んでいくことになります。

 

病魔に苛まれながらも、不死身として舞台に立ち続けました。

 

彼女の最後のシングルがかの有名な「川の流れのように」です。

 

そして、1989年6月、死去します。

葬儀には4万2千人が来たそうです。

 

◆名言

ーーーーーーー

あせらず、おこらず、あきらめず

ーーーーーーー

本当の人生って川の流れのようなものね。

まっすぐだったり、
曲がりくねっていたり、
幅が広かったり、
狭かったり、
流れが速かったり、
遅かったり…

ーーーーーーー

明日の自分は今日の自分に勝ちます

ーーーーーーー

むかちん