むかちんの歴史日記

歴史大好き男による歴史のあるあるやトリビアを綴る日記★

むかちん歴史日記468 歴史の名軍師③ 戦国時代の天才軍師~竹中半兵衛

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は、歴史の名軍師シリーズ第三弾!!!

 

戦国時代の天才軍師、

 

竹中半兵衛(1544-1579)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

Takenaka Shigeharu.jpg

参照元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E4%B8%AD%E9%87%8D%E6%B2%BB

 

竹中半兵衛は1544年、美濃齋藤氏の家臣で大御堂城の城主、竹中重元の子として誕生します。

 

1556年に齋藤道三とその子、義龍の間での戦、「長良川の戦い」が起こると、半兵衛は道三の側につき、初陣を飾ります。

 

1560年、道三を破って家督を継いだ義龍に半兵衛は仕え、さらに義龍の嫡男、龍興に仕えます。

 

当時、尾張織田信長による美濃侵攻が激しさを増していましたが、半兵衛の戦略で齋藤軍は辛勝します。

しかし、龍興は酒や女に溺れ、一部の側近を寵愛して、半兵衛を遠ざけたため、半兵衛らは龍興の居城を襲撃し、城は半年後には返還されますが、結局、信長によって陥落させられます。

 

齋藤家を去り、浅井家で一時的に過ごしますが、そこを去ったのちは浪人として暮らしました。

 

そんな折、かつて敵対していた信長は半兵衛を家臣にしたいと考えていました。

勧誘を命じられた木下藤吉郎(のちの秀吉)は三顧の礼で半兵衛を引き入れたのです。

 

信長の勢力が強まってくると、信長包囲網が敷かれるようになります。

その一人が浅井長政です。

半兵衛は浅井家に仕えていた人脈を生かして調略を計り、一部を織田に寝返らせるなどしました。

姉川の戦いにも参加して、秀吉に貢献していきます。

 

豊臣秀吉には「二兵衛」と呼ばれる2人の天才軍師が側近としておりました。

一人は竹中半兵衛、もう一人は黒田官兵衛です。

 

黒田官兵衛は1578年、有岡城の戦いで、荒木村重が信長に反旗を翻した際、村重を説得するために派遣されますが、逆に幽閉される事態となります。

信長は官兵衛が寝返ったと勘違いし、官兵衛の息子、のちの黒田長政を殺害するよう命じますが、半兵衛はここでも一計を案じて、偽の首を差し出し、長政は九死に一生を得ます。

 

のちに救い出された官兵衛はこれにいたく感謝したというエピソードもあります。

 

1579年、半兵衛は三木合戦の最中、病に倒れ、亡くなります。36歳でした。

 

むかちん

 

 

むかちん歴史日記467 歴史の名軍師② 一代で大国を築いた策士~毛利元就

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は、歴史の名軍師シリーズの第2弾!!!

 

様々な策略を張り巡らし、一代で大国を築いた名将

 

毛利元就(1497-1571)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

Mori-Motonari.jpg

参照元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E5%88%A9%E5%85%83%E5%B0%B1

 

毛利元就は1497年に安芸国(現在の広島県西部)に誕生します。

1500年に幕府と大内氏の勢力争いに巻き込まれた父・毛利弘元が隠居を決意し、嫡男に家督を譲ると、元就は父に連れられて、多治比猿掛城に移り住みます。

 

翌年には実母が死去、1506年には父が酒毒でなくなると、家臣によって、所領を横領され、元就は城を追い出され、非常に困窮した状況に追い込まれます。

 

この時期に元就を支えたのが養母の杉大方で、元就に大きな影響を与えました。

1511年、杉大方から兄へ伝者を送り、元就の元服を許可します。

 

1516年、長兄が亡くなると、彼の嫡男が家督を継ぎますが、子どもであったため、叔父として元就が後見人となりますが、父に相次いで兄が亡くなったことには毛利家内では動揺が走ります。

 

そんな折に武田元繁が攻めてきますが、元就らはこれを撃退。

これが元就の初陣となりました。

 

1523年、長兄の嫡男がわずか9歳で亡くなると、27歳で毛利元就家督を継ぎます。

元就の才覚に気づいて、彼が家督を継ぐことを恐れた尼子経久は元就の異母弟、元綱の擁立を画策するも、元就によって、粛清され、これは鎮圧されます。

 

元就は大内氏から一時尼子氏の配下に入っていましたが、これを境に尼子氏から大内氏の下へ戻ります。

 

元就は戦による勢力拡大を図る一方で、婚姻関係でも周囲との結びつきを強めていきます。

同じ安芸国で対立していた宍戸氏に次女を嫁がせて友好関係を構築したり、天野氏や熊谷氏とも関係構築をしていきます。

 

1540年、尼子詮久が3万の軍を率いて、元就に攻め入り、元就の軍勢は3000という状態で非常に貧弱な状態でありましたが、

宍戸氏や大内義隆の援軍によって、この戦いに勝利し、その勢いで佐東銀山城を落城させ安芸守護の武田氏を滅亡へと追い込んで、安芸国の中心的な存在へと上り詰めていきます。

 

毛利は着実にその基盤を固めていきますが、

毛利には「両川」と呼ばれる有力な援軍が側にいました。

両川=吉川・小早川を指しますが、両家は毛利の家臣ではなく、

毛利が自身の息子を婿養子に送って、関係構築を図った結果出来上がった体制でした。

これも元就の知略と言えます。

 

1551年、大内義隆が家臣陶晴賢(すえのはるかた)に暗殺されると、毛利は大内氏支持の平賀氏の当主を挿げ替えて、傘下に入れ、山の毛利が広島湾に面したところまで領有すると、水軍の力が一気に強化されていきます。

 

しかし、陶晴賢3万の兵に対し、毛利は5千。

正面から戦える相手ではありませんでした。

 

そこで元就は謀略を図って、大内家の内部分裂を図り、かつ人心掌握に優れていた元就は次々と味方に引き入れていきました。

 

毛利元就陶晴賢最大の戦が1555年の厳島の戦いです。

この戦でラッキーなことに暴風雨が発生したことで、毛利は陶晴賢らに奇襲攻撃を仕掛けることに成功して、陶晴賢を自刃に追い込みます。

 

この勢いに乗じて1557年には大内氏を滅亡させ、1566年には尼子氏を滅亡。

瀬戸内海を渡って伊予の河野氏を下して、元就は一代にして、中国地方を中心に8ヶ国(安芸、備後、周防、長門、石見、出雲、伯耆隠岐)+四国(伊予)を支配する大名になりました。

 

晩年は北九州の支配権をめぐり、大友宗麟と対立しますが、1571年に広島で死去します。

享年75歳。

 

むかちん

 

むかちん歴史日記466 歴史の名軍師① アルプス越えを果たしたカルタゴの名智将~ハンニバル

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は歴史の名軍師シリーズの第一弾!!!

 

カルタゴの名智将として、最強の帝国、ローマを苦戦させた

 

ハンニバル(紀元前247-紀元前183?)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

ãã³ããã«

参照元 https://www.sekainorekisi.com/glossary/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%AB/

 

ハンニバルは紀元前247年、カルタゴ(現在のチュニジア)に誕生します。

彼が生まれた時期はローマとカルタゴの戦争である第一次ポエニ戦争の末期でした。

ハンニバルの父はハンニバルが20歳のときに亡くなったため、義理の兄の下に身を寄せるようになりますが、その兄も紀元前221年に暗殺されてしまうため、弱冠26歳にして、後継者となりました。

 

彼はイベリア半島戦線の指揮を取り、ローマの同盟都市サグントゥムを陥落させます。

これが第二次ポエニ戦争の始まりです。

 

ハンニバルはローマを徹底的にたたくため、イタリア本土を直接攻撃しようと考えましたが、地中海の制海権はローマが握っており、またローマはカルタゴの侵入を恐れて南部の守りを固めていました。

 

そこでハンニバルが考えた奇策がアルプス山脈を越えて、北方から侵攻しようというものでした。

いわゆる「ハンニバルのアルプス越え」です。

 

実はこのアルプス越えの詳細なルートというのは、現在も歴史家の間で見解が分かれているところではありますが、大まかに言うと、南の海ルートではなく、北をぐるっと回って山ルートで北方から侵入するというものでした。

 

Hannibal route of invasion-en.svg

参照元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9%E8%B6%8A%E3%81%88#/media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hannibal_route_of_invasion-en.svg

 

兵士4万名、象30頭を率いて、アルプス越えをしたとされますが、イタリアに到着したときには兵士2万6千名、象3頭にまで減っていました。

 

ローマとしてはよもや北から攻めてくるとは思わなかったので、次々とローマ軍を撃破、ハンニバルは北イタリアに勢力基盤を築くのです。

 

そして南下を開始して次々に勝利を挙げ、同時にローマの同盟都市に離反していくよう仕掛けます。

 

しかし、ローマの名将、スキピオにより、ハンニバルは膠着状態に陥り、その間にカルタゴ本土にスキピオが攻め入り、ハンニバルカルタゴへ呼び戻されます。

 

ハンニバルは休戦を提案しましたが、スキピオはこれを拒否し、ザマの戦いで、カルタゴの敗戦が決まります。

 

戦後、彼はカルタゴの先頭にたって、復興を図り、不可能と思われた賠償金も完済。

これにローマは戦々恐々としたと同時にカルタゴ国内でも彼の強引な改革に反対し、ハンニバルはシリアへ亡命します。

 

シリアの参謀としてローマと戦うも、彼の意見は反映されずに敗北。

最期は逃亡の末に追い詰められ、自害します。

紀元前183年ごろと言われています。

 

 

むかちん

むかちん歴史日記465 近現代の偉大な経済学者⑤ 日本が世界に誇る経済学者~宇沢弘文

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は近現代の偉大な経済学者シリーズの第5弾!!!

 

 

日本が世界に誇る経済学者

 

宇沢弘文(1928-2014)

 

を紹介します!(≧▽≦)

 

参照元 http://gendainoriron.jp/vol.03/rostrum/ro05.php

 

宇沢弘文は、1928年鳥取県米子市で誕生し、父は小学校の教師でした。

宇沢が3歳の頃に父が教師を辞めて、東京に出てきて1951年、東京大学理学部数学科を卒業。

経済・社会問題に関心を抱き、経済学者へと転向し、統計数理研究所、生命保険会社などに勤務したのちは、スタンフォード大学ケネス・アロー教授に送った論文が認められ、1956年に研究助手として渡米します。

 

1964年にはシカゴ大学経済学部教授に就任。

1968年、東京大学経済学部に戻り、1989年退官。

 

宇沢の業績として挙げられるのが、

新古典派の成長理論を数学的に定式化し、また早い段階から環境問題を経済学の視点から分析・提言し、気候変動問題などに対処する上での理論的な枠組みとして社会的共通資本の概念を提唱しました。

 

その代表例が水俣病などの環境汚染による公害病問題、成田空港建設の平和的解決などの問題に積極的に関与してきたことです。

 

宇沢がシカゴ大学から日本へ戻った理由の一つでもあったようで、

データ上では高度経済成長を遂げて、輝いて見える日本で、実際は公害が蔓延しているという実態。しかもそれは経済学が盲点としている外部不経済の問題で、主流の経済学では、分析できない問題でした。

 

宇沢はフリードマンを中心とした現在のグローバリズムと闘い続けたと言われています。米国での安定した地位を捨ててでも成し遂げようとしました。

思想闘争という観点において言うと、宇沢は敗者とならざるをえなかったのですが、

それでもフリードマンの論文などは丹念にチェックし続けたそうです。

 

宇沢は「社会的共通資本」を唱え、それは、「一つの国ないし特定の地域に住むすべての人々が、ゆたかな経済生活を営み、すぐれた文化を展開し、人間的に魅力ある社会を持続的、安定的に維持することを可能にするような社会的装置」であり、

大気、水道、教育、医療など決して市場原理に委ねてはならないもののこと、と定義しました。

 

宇沢が守ろうとしていたのは「人間の尊厳」でした。経済学にいかに社会的な観点を置けるか、に挑戦したのです。

 

2014年、宇沢は86歳で亡くなりました。

 

むかちん

 

むかちん歴史日記464 近現代の偉大な経済学者④ 市場原理主義・金融資本主義を主張~ミルトン・フリードマン

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は近現代の偉大な経済学者シリーズの第4弾!!!

 

市場原理主義・金融資本主義を主張し、ケインズ政策を批判した

ノーベル賞受賞者

 

ミルトン・フリードマン(1912-2006)

 

を紹介します(≧▽≦)

 

参照元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3

 

ミルトン・フリードマンは、1912年にハンガリー東部からのユダヤ系移民の子どもとして、ニューヨークで誕生します。

大学で学士を取得後、数学と経済学のどちらの道へ進むか悩みましたが、世界恐慌を目の当たりにして、シカゴ大学で経済を専攻し、修士号を取得します。

 

さらにコロンビア大学でのちにノーベル経済学賞を受賞する、サイモン・クズネッツの指導を受けて、博士号を取得します。

 

大学卒業後は就職難でありましたが、連邦政府の職につきます。

彼はのちに反ニューディール政策の筆頭格のような存在になりますが、

この連邦政府の仕事はニューディール政策によって生み出された仕事であり、

彼も連邦政府の職の間はケインズ政策の支持者でありました。

 

1969年、ニクソン政権に変動相場制を提案。のちにニクソンとは決裂してしまいます。

彼は積極的不介入を支持し、香港の経済体制を高く評価しました。

 

フリードマンにとっての理想は「規制のない自由主義経済の設計」でした。

ですが、無政府主義者ではなく、政府が市場の失敗を是正することに関しては一部認めています。

 

彼は公正な民主主義を標榜する人たちからは「新自由主義者」として批判されます。

 

1976年にノーベル経済学賞を受賞。

1988年にはフリードマンが支持した右派のロナルド・レーガンからアメリカ国家科学賞と大統領自由勲章を授与されます。

 

2006年、心臓疾患のため、94歳で亡くなります。

 

むかちん

むかちん歴史日記463 近現代の偉大な経済学者③ 自由主義経済学の代表格~フリードリヒ・ハイエク

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(*^▽^*)

 

今日は近現代の偉大な経済学者シリーズの第3弾!!!

 

自由主義経済学の代表格

 

フリードリヒ・ハイエク(1899-1992)

 

を紹介します(((o(*゚▽゚*)o)))

 

Portrait of F.A. Hayek

参照元 https://cruel.org/econthought/profiles/hayek.html

 

フリードリヒ・ハイエクは1899年にオーストリア・ハンガリー帝国の首都、ウィーンで学者の家庭に誕生します。

 

1921年ウィーン大学で法学博士号、1923年には政治学の博士号を取得し、渡米して、ニューヨーク大学の研究助手として働きます。

 

ウィーン大学の講師や ライオネル・ロビンズにロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE) の教授を歴任し、特に1944年に発表した「隷従への道」という論文は、社会主義共産主義ファシズム、ナチズムが同根の集産主義であると批判して、当時のベストセラーになります。

 

ハイエクの経済学における業績といえば、初期においては、景気循環に対する貨幣の影響を分析する貨幣的景気循環理論への貢献がよく知られています。

一方で景気循環についてはケインズも同様に論文を発表していますが、この後、両者は景気循環について、論争に突入していきます。

 

ハイエクの初期の理論は1936年にケインズが刊行した『一般理論』にそのお株を奪われてしまい、ハイエクと袂を分かった学者もいました。

ハイエクの主張は当時主流だったケインズの経済学からは黙殺されていましたが、それでもハイエクの理論が生き残ったのは彼らの弟子たちが投資理論で用いたからでした。

 

ハイエク新古典派経済学の中で生き残ることをやめ、『隷従への道』では政治論に目を向けるようになっていきます。

 

ハイエクの根源にあるのは、自由主義と反合理主義で、人間の理性には限界があり、慣行・慣習・マナーといったルールに従うべきであり、ルールに従わなければ、人間は不完全な理性しか持たないので、制度を設計したりすることはできないと考えていました。

 

従い、ハイエクは、理性を使い、国家や社会という複雑なものを合理的に設計できるというマルクス主義全体主義は誤りであると考え、彼らは自分たちの理論に従い世の中を設計し、その理論から外れたものについては弾圧しているのだと主張しました。

 

こういった点で社会主義共産主義の計画経済はあり得ないという主張をしてきました。

 

1974年、ハイエクノーベル経済学賞を受賞。

フリードマンによれば、これが当時困窮していたハイエクを救ったとされ、

このノーベル賞受賞がハイエクの死後の評価も高めました。

 

1992年逝去。

ブッシュ大統領ハイエクを「現代の最も偉大な思想家の一人」と称しました。

 

 

むかちん

むかちん歴史日記462 近現代の偉大な経済学者② 「最高の経済学者」と謳われた巨頭~レオン・ワルラス

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は近現代の偉大な経済学者シリーズの第二弾!!!

 

最高の経済学者と謳われた巨頭

 

レオン・ワルラス(1834-1910)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

参照元 https://cruel.org/econthought/profiles/walras.html

 

◆レオン・ワルラス1834年、フランスで誕生します。

エコール・ポリテクニークを受験しますが失敗し、パリ国立高等鉱業学校に入学しますが、この学校の実学志向の強さを嫌って、文学に傾倒していき、二年留年して、中退しました。

 

その後は父の説得を受け入れて、経済学研究を始め、経済雑誌記者、鉄道会社の事務員等職を転々とします。

 

ローザンヌで開かれた租税会議の論文コンクールに応募し、4位に入りました。

 

この租税会議の影響で、36歳のときにスイスに完成したローザンヌ・アカデミー(のちのローザンヌ大学)の新設に際して、募集された経済学教授の採用試験に応募し、採用されます。

 

彼の経済学の理論として特徴的なものは数学を経済学に導入したことです。

そのため、長きにわたり難解な理論としてなかなか理解されなかったのですが、

徐々にその理解は広がっていくことになります。

彼の経済学はその後の数理経済学に多大なる影響を与えました。

 

そしてワルラスは1874年から1877年にかけて『純粋経済学要論』を著し、これが彼の最大の著作となりました。

 

この著作によって、彼は一般均衡理論の父とされます。

(※一般均衡理論=変動する現実をある一時点でせき止め、与件を固定化し、競争を徹底的に行うと、社会全体がこれ以上変化しない均衡状態に至るとした理論。

参照元 知恵蔵)

 

1892年、彼は研究職を退き、死の直前の1909年には最初の著作以来、研究50周年を祝われました。

 

そして1910年、モントレー近くで死去します。享年75歳。

 

むかちん