むかちんの歴史日記

歴史大好き男による歴史のあるあるやトリビアを綴る日記★

むかちん歴史日記349 旅行でみかける歴史的建造物にまつわる人のヒストリー日本編④ 原爆平和祈念公園を設計した世界的建築家~丹下健三

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は、旅行でみかける歴史的建造物にまつわる人のヒストリー日本編の第4弾!!

 

原爆平和祈念公園も設計した世界的建築家

 

丹下健三(1913-2005)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20190322120848j:plain

参照元 

https://showa-g.org/men/view/234

 

丹下健三は1913年に大阪府堺市で誕生します。

住友銀行に勤めていた父の転勤で上海に一時居住し、その後は愛媛県今治市に移り住みます。

 

1930年に旧制広島高校、現在の広島大学の理科甲類に進学し、

同校図書室で見たル・コルヴィジエの記事を見て感銘を受け、

建築家を志すようになります。

 

1933年、1934年にわたり東京帝国大学の受験に2度失敗。

徴兵逃れのため、日本大学芸術学部映画科に在籍しますが、ほぼ登校せずに終わり、

1935年、東京帝国大学工学部建築科に入学します。

 

1939年に雑誌『現代建築』に論文を発表し、1941年には岸記念体育館(初代)を設計しますが、彼の名を一躍とどろかせたのは、大東亜建設記念営造計画と在盤谷日本文化会館計画の両コンペにおいてです。

 

その計画はヒューマンスケールをはるかに超えたものであると同時に

横山大観風を思わせるパースペクティブが人々に深く印象を与えました。

 

1945年8月6日、父危篤の連絡を受け、帰郷の途で広島県尾道市にいました。

しかし、実はすでに父は亡くなっており、母も広島への原爆投下と同日の今治への空襲で亡くなっていることが判明。

 

原爆投下によって壊滅的な被害を受けた広島は、丹下にとってはコルビュジエと出会った思い出の地でもあり、

残留放射能の危険もありながら、彼は復興計画へ参画していきます。

 

そして広島市主催の広島平和祈念公園計画のコンペで見事1位となるのです。

 

 

当初平和祈念資料館は批判も受けました。

1階が柱だけのピロティになっていたことが無駄だと解釈されたからです。

 

しかし丹下は多くの人が往来することを予測し、このかたちにしました。

それは現実のものとなり、多くの人がここから慰霊などのために行き来するようになります。

 

f:id:ooemaru:20190322123638j:plain

参照元 

https://www.ohkaksan.com/2014/03/13/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B9%B3%E5%92%8C%E8%A8%98%E5%BF%B5%E8%B3%87%E6%96%99%E9%A4%A8%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B/

 

 

平和記念碑です。

これも意図された場所に作られています。

 

じつはこれ、記念碑の向こう側に原爆ドームが見えるように作られているのです。

 

f:id:ooemaru:20190322123851j:plain

https://www.ohkaksan.com/2014/03/13/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B9%B3%E5%92%8C%E8%A8%98%E5%BF%B5%E8%B3%87%E6%96%99%E9%A4%A8%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%82%8B/

 

丹下は原爆ドームは原爆投下の象徴と考え、祈念公園から原爆ドームが見えるように作ったのです。

 

当時、原爆ドームに関しては多くの議論がありました。

 

「復興にそぐわない」「役に立たない」「経済的でない」「戦争を思い出すからなくしてくれ」・・・。

 

丹下は残すべきであると主張していました。

 

結局この原爆ドームは残ることとなったのですが、

現在は文化遺産として、保存されています。

 

一廃墟であった原爆ドームにスポットをあて、都市計画に組み込んだのは、丹下の功績と言えます。

 

丹下もその後も建築と同時に都市計画にも注力し、

1964年の東京カテドラル聖マリア大聖堂

東京オリンピック国立屋内総合競技場(正式名称:国立代々木屋内総合競技場)において、彼自身の建築歴で頂点を極めることとなります。

 

1987年には建築のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞。

 

1991年には東京都庁第一庁舎を設計。

 

生涯、建築に情熱を注ぎ2005年の3月22日、亡くなります。

91歳でした。

 

むかちん

むかちん歴史日記348 旅行でみかける歴史的建造物にまつわる人のヒストリー日本編③ 明治神宮で祀られている現人神~明治天皇

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は旅行でみかける歴史的建造物にまつわる人のヒストリー日本編の第三弾!!

 

東京の巨大な神宮に祀られている、尊王攘夷の象徴、

 

明治天皇(1852-1912)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20190322102126j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E5%A4%A9%E7%9A%87

 

明治天皇(睦仁)は1852年、孝明天皇の第二皇子として京都で誕生します。

1867年、孝明天皇崩御したことにより、14歳で天皇となっている。

 

当時は幕末の動乱で混乱を極め、

幕府と討幕派による朝廷も含めた駆け引きが行われ、

徳川慶喜が討幕の大義名分を消すために先んじて1867年に大政奉還

これにより翌年には討幕派が王政復古の大号令を出します。

 

1868年、五箇条の御誓文明治新政府の基本方針を発表し、

また同年に「明治」と改元して、一世一元の制も定めます。

 

江戸開城から約半年後、明治天皇は初めて江戸に行幸し、

江戸城を東京城に改称して、1869年から崩御するまで東京で暮らしました。

 

1871年には廃藩置県を断行、中央集権体制を確立していきます。

 

明治政府は神道の国教化と天皇の絶対化を推進し、

明治新政府天皇を近代国家の主体的君主として育成するために様々な改革を行います。

 

明治天皇は非常に頭脳明晰なタイプだったらしく

 

「記憶力が抜群で、書類には必ず目を通したあと朱筆で疑問点を書きいれ、

内容を全て暗記して次の書類と相違があると必ず注意し、

よく前言との相違で叱責された伊藤博文は『ごまかしが効かない』と困っていた」

 

という話もあるそうです、

 

またそれまでほとんどなかった天皇が外国の要人と直接会うというのも

明治天皇からは頻繁に行われるようになり、

 

例えば1869年英国女王ヴィクトリアの息子、アルフレートが英国の王族としては初めて日本を訪問。

 

1879年にはグラント元アメリカ大統領が大統領経験者としては初めて日本を来訪しました。

 

1889年、大日本帝国憲法の公布。

日本史上初めて天皇大権を記載し、立憲君主制国家の礎となります。

 

日本が初めて直面した外国との近代戦争である日清戦争日露戦争においては、

明治天皇大本営で直接戦争指導に当たります。

 

また欧米列強と同じように植民地を拡張していく政策を取りました。

 

そして1911年には開国当初から懸案だった、列強との不平等条約を改正します。

 

1912年、持病の糖尿病が悪化したことによる尿毒症で崩御

満59歳でした。

 

この初の君主の崩御であったため、大葬を行うのですが、

その死に関する法律は何もなかったため、記念するための行事が計画され、

 

天皇自身は京都に葬られますが、東京でも何か作りたいとのことで、

明治天皇昭憲皇太后が祀られており、1915年、明治神宮の創建が公表されました。

 

f:id:ooemaru:20190322105711j:plain

参照元 

https://sp.jorudan.co.jp/newyear/spot_0056.html

むかちん歴史日記347 旅行でみかける歴史的建造物にまつわる人のヒストリー日本編② 室町時代の権勢の象徴、金閣寺~足利義満

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は旅行でみかける歴史的建造物にまつわる人のヒストリー日本編の第二弾!!

 

室町時代の最盛期を築き、権勢の象徴、金閣寺を建立した

 

足利義満(1358-1408)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20190320094605j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E7%BE%A9%E6%BA%80

 

足利義満は1358年の8月22日に京都で誕生します。

これは偶然にも祖父である足利尊氏が亡くなってからちょうど100日目のことです。

 

義満が幼少の頃は南北朝の対立が起きており、

幕府をめぐる情勢は深刻な状況で、1361年には細川清など南朝陣営によって京都を占領されてしまいます。

 

義満の父、足利義詮後光厳天皇を奉じて近江に逃れ、

義満もわかずかな家臣に守られて、建仁寺に逃れたのち、

赤松則祐の居城、播磨白幡城への避難を余儀なくされます。

 

このとき、義満は則祐に教育を受けます。

 

翌年、北朝陣営が京都を取り戻したため、帰郷します。

 

1367年、父の義詮が重病に陥ります。

そして同年末に義詮が他界すると、義満が3代将軍として家督を継ぎます。

 

1370年、京都の守りを強化するために、朝廷から山門公人と呼ばれる延暦寺及びその支配下の諸勢力及びその構成員に対する取り締まり権を与えられ、

1378年には邸宅を北小路室町に移して、幕府の政庁とします。

移転後の幕府はのちに「花の御所」と呼ばれるようになります。

 

同年、右近衛大将に任ぜられ、その後も内大臣左大臣に就任して、祖父の尊氏を越える出世を続けます。

1383年には武家として初めて源氏長者と呼ばれる、源氏一族のトップの官位になります。(義満は源氏の末裔)。

 

また全国的に南朝勢力が衰退してきた1392年に、和平案を後亀山天皇に提示し、58年にわたる朝廷の分裂を終結させるのです。

 

1393年、義満と対立していた後円融上皇が死去し、自己の権力を確固たるものにした義満は1394年に将軍職を嫡男の足利義持に譲って表向き隠居はしたものの、

政権の実権は握り続けました。

 

そして同年には太政大臣となり、武家太政大臣となるのは平清盛についで2人目でした。

 

1395年に義満は出家しますが、これは公家の頂点に達した義満が残るは寺社支配と考えたからとされます。

 

◆一方で義満といえば、北山文化を開花させたことで知られ、

西園寺家から譲り受けた京都北山の「北山弟」に、鹿苑寺(通称、金閣寺)を建立します。

 

f:id:ooemaru:20190320110350j:plain

参照元 

https://www.jalan.net/kankou/spt_26101ag2130014551/

 

1399年の春以降、義満はこの山荘に移り住んで、活動の拠点としていきます。

北山文化と呼ばれますが、北山文化の芸能である猿楽で大成した観阿弥世阿弥を義満は庇護します。

 

足利義満は中国の明への憧憬が強かったことでも有名で

何度も中国との貿易を試みたものの、明は南朝懐良親王を貿易相手と認めていたこと

また中国は天皇の臣下とは貿易をしない方針であったため、実らずにいました。

(基本的には中国のスタンスは、天皇も中国の皇帝の臣下であり、そのさらに臣下と貿易をするなどありえなかった)

 

のちに南北朝は統合され、さらに義満が出家して天皇の臣下という立場ではなくなると

1404年勘合貿易が始まりました。

 

1408年、義満は病に倒れ、そのまま亡くなります。満49歳でした。

 

むかちん

 

むかちん歴史日記346 旅行でみかける歴史的建造物にまつわる人のヒストリー日本編① 奈良の大仏を建立した~聖武天皇

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日は旅行でみかける歴史的建造物にまつわる人のヒストリー日本編の第一弾!!

 

修学旅行でみんな行く奈良の大仏を建立した

 

聖武天皇(701-756)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20190319100409j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E6%AD%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87

 

聖武天皇は701年に文武天皇の第一皇子として誕生し、

母親は藤原不比等の娘、宮子です。

 

7歳のときに文武天皇崩御し、母が心的障害い陥ると、その後聖武天皇と母親が会うことは長くなく、再開するのは37歳になるころでした。

 

文武天皇崩御後は中継ぎとして、文武天皇の母で天智天皇の娘である元明天皇が即位します。

しかし、聖武天皇自身は病弱であったことと、当時の政治的背景として、皇族勢力と外戚である藤原氏との対立によって、天皇への即位は先延ばしにされ、

 

中継ぎの中継ぎとして文武天皇の姉である元正天皇が即位します。

聖武天皇は24歳のときに元正天皇より譲位され、天皇として即位します。

 

聖武天皇の治世の初期は皇親勢力を代表する長屋王が政権を担当しており、

藤原氏聖武天皇の皇后に自家から出すことを望みましたが、

 

当時は、皇后が中継ぎの天皇に即位する可能性もあったことから慣例として

皇族から出すこととなっていましたので、長屋王藤原氏の意向には反対します。

 

しかし729年に不比等の子どもである藤原四兄弟の陰謀といわれる、長屋王の変が起き、

長屋王が自害すると、藤原家の光明子光明皇后として立后します。

 

737年、疫病が発生し、藤原四兄弟を含む多くの政府高官が亡くなるという惨事に見舞われ、そこから約10年ほどはめまぐるしく遷都します。

この理由は定かではないですが、遷都している期間中には乱や天災、疫病が起こっていることと関連しているのでは、と考えられています。

 

災害や天然痘などの疫病が多発したため、聖武天皇は仏教に深く帰依し、

741年には国分寺建立の詔、743年に東大寺盧舎那仏像建立の詔を出します。

 

f:id:ooemaru:20190319102812j:plain

参照元 

https://www.jalan.net/kankou/spt_38202ag2130014066/kuchikomi/0001050431/

 

f:id:ooemaru:20190319102937j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AF%BA%E7%9B%A7%E8%88%8E%E9%82%A3%E4%BB%8F%E5%83%8F

 

また遷都に対する反発も強かったため、都も平城京に復帰します。

 

そして749年、聖武天皇は娘の阿部内親王孝謙天皇)に譲位します。

男性の天皇が譲位して太上天皇になるのは、聖武天皇が初めてのことでした。

 

752年、東大寺大仏の開眼法要を行い、754年には唐僧の鑑真が来日して、会います。

756年聖武天皇崩御します。56歳でした。

 

むかちん

むかちん歴史日記345 お笑い・映画・ドラマで活躍した名優たち⑤ 若くして生涯を閉じた名優~松田優作

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日はお笑い・映画・ドラマで活躍した名優たちシリーズの第5弾!!

 

太陽にほえろ』などで人気を博した名優

 

松田優作(1949-1989)

 

を紹介します。

 

f:id:ooemaru:20190318112529j:plain

参照元 

http://www.office-saku.com/artists/yusaku_matsuda.html

 

松田優作は1949年、山口県下関市で生まれ、日本人の父と韓国人の母の間に生まれた非嫡出子でした。

 

2人の異父兄がおり、兄弟仲はよかったようなのですが、次第に自身の出生について知るようになり、孤独感を感じるようになります。

 

1967年、母親からアメリカへ行って弁護士になるように厳命され、しぶしぶ高校を2年で中退し、叔母夫婦を頼って、米国籍を取得するために渡米します。

カリフォルニア州のシーサイド高校に入学しますが、叔母夫婦の離婚訴訟や言葉のギャップに悩み、1968年、母には無断で帰国。

 

長兄一家を頼って、東京都豊島区に居候し、1970年に関東学院大学文学部に入ります。

 

1972年、文学座付属演技研究所12期生となり、一期先輩に桃井かおり、一期後輩に中村雅俊がいました。

 

これより少し前の1969年、松田は新宿のトリスバーでバイトをしていましたが、

このときに客として来ていた村野武範と交友しており、これがきっかけで村野と麻雀をし、松田が勝ったことで、村野からプロデューサーの岡田晋吉を紹介されます。

 

岡田は松田に試しにチョイ役をやらせてみるとその迫真の演技に驚き、これがきっかけで1973年に『太陽にほえろ』で松田はジーパン刑事を演じることになるのです。

 

f:id:ooemaru:20190318121659g:plain

参照元 

https://plaza.rakuten.co.jp/jyoudankeri/diary/200908090000/

 

同時期に「松田優作」として日本国籍を取得。

 

1976年、暴力事件を起こし、一時活動自粛しますが、復帰し、

1977年『大都会 PARTⅢ』、1979年『探偵物語』などに出演します。

 

1986年、映画『ア・ホーマンス』製作途中で監督と意見が食い違い、監督が途中降板をすると、自らがメガホンを取り撮影を続行。初監督作品となりました。

 

1988年、深作欣二監督の『華の乱』を吉永小百合とともに主演として撮影した際にはすでに膀胱に違和感があり、自身が癌であることを知るが、撮影関係者で知っていたのは安岡力也のみで、他の関係者には一切明かさなかったと言います。

延命治療も拒みました。

 

1989年、松田は膀胱がんの腰部への転移により死去。40歳でした。

弟分として可愛がられていた仲村トオルは優作の遺体の前で泣き叫びました。

 

むかちん

 

 

むかちん歴史日記344 お笑い・映画・ドラマで活躍した名優たち④ 独特の声と存在感でお茶の間を魅了した女優~市原悦子

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日はお笑い・映画・ドラマで活躍した名優たちの第4弾!!

 

独特の声と女優としての圧倒的な存在感でお茶の間を魅了した

 

市原悦子さん(1936-2019)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

※以下敬称略

 

f:id:ooemaru:20190318091252j:plain

参照元 

https://www.news-postseven.com/archives/20190118_848950.html

 

市原悦子は1936年、千葉で誕生。

高校時代には演劇部に所属し、県大会に出場して、個人演技賞を獲得しました。

 

高校卒業後は早稲田大学第二文学部演劇専修に入学し、大学卒業後は銀行員であった父親の勧めで富士銀行の就職が決まっていましたが、演劇への思いが断ちがたく、俳優座養成所に6期生として入所します。

 

1957年、俳優座に入団、同年に雑誌『新劇』の新人推賞を受賞します。

 

私生活では1961年に俳優座養成所の同期で、その後演出家の道へと進んだ塩見哲と結婚。おしどり夫婦として知られるようになりますが、2度の流産により子宝には恵まれませんでした。

 

1971年10月に塩見とともに俳優座を退団し、1972年に番衆プロを設立します。

 

1975年にスタートしたアニメ『日本昔ばなし』では常田富士男と市原の2人のみで長年、声を演じ、お茶の間で親しまれてきました。

 

www.youtube.com

 

1983年から人気シリーズとなる『家政婦は見た』の放映が開始され、四半世紀以上にわたって、主演を演じ続ける人気シリーズへと成長しました。

ちなみに余談にはなりますが、市原自身は家政婦は雇ったことはないそうです。

 

f:id:ooemaru:20190318093807j:plain

参照元 

http://www.bookoffonline.co.jp/old/0016281693

 

1990年、映画『黒い雨』の演技で第13回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞します。

 

2011年以降は東日本大震災による福島原発事故を受けて、原発ゼロ運動にも積極的に参画するようになります。

 

2014年、夫の塩見と死別、かなり落胆していたそうで、

2017年には自身が自己免疫性脊髄炎を発症します。

 

彼女は同じように闘病していた樹木希林に影響を受けて、自身の自宅で療養をおこないますが、

 

2019年、心不全のため亡くなります。82歳でした。

 

むかちん

むかちん歴史日記343 お笑い・映画・ドラマで活躍した名優たち③ 落語に挑み続けた落語家、笑点の生みの親~立川談志

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(≧▽≦)

 

今日はお笑い・映画・ドラマで活躍した名優たちの第三弾!!!

 

落語に理論と感覚の両面から挑み続け、笑点を生んだ落語界の偉人

 

立川談志(1936-2011)

 

を紹介します(*^▽^*)

 

f:id:ooemaru:20190315121659j:plain

参照元 

https://www.jiji.com/jc/d4?p=tds123&d=d4_psn

 

立川談志は1936年、東京に誕生します。

1952年、明治大学入学とともに、5代目柳家小さんに入門。

1962年には、入門が5年遅い古今亭朝太(後の3代目古今亭志ん朝)が、「36人抜き」で真打へ昇進、自分よりも3年遅い、5代目三遊亭圓楽にも先を越され、生涯最大の屈辱を味わいますが、1963年に立川談志を襲名して真打へと昇進します。

 

1966年に日本テレビで「笑点」の放送が開始。

自身の1969年まで司会を務めますが、これは、談志が企画した番組でした。

 

談志は5代目圓楽に「寄席でやっている大喜利をテレビでやろう」と持ち掛けてきたのがきっかけで、

なぜ、落語ではなく、大喜利だったかというと、落語の場合、途中でコマーシャルを挟めないが、大喜利であれば、それが可能である、という観点からだったようです。

 

この背景にはテレビの普及した1960年代に、寄席はその影響で閑古鳥が鳴いている状態となり、強い危機感を抱いた談志は、これからはどんどんテレビにも出ていく必要があるとしてテレビ局への売り込みを図ったとされます。

 

しかし視聴率が伸び悩み、初代レギュラー陣との関係も悪化したことから、談志は降板することとなります。

 

1971年には参議院議員に初当選を果たし、1975年には三木内閣で沖縄開発庁政務次官になりますが、問題発言などでわずか36日間で辞任。

参議院議員も一期のみで出馬をとりやめます。

 

1983年、真打昇進試験制度運用をめぐり、師匠の小さんと対立し、落語協会を脱退。

落語立川流を創設して、家元になります。

 

2008年に喉頭がんを患い、声も出せなくなったため、すべての予定をキャンセル、

2010年には声門がん再発を確認されるが、本人が声帯の摘出を拒否し、

2011年喉頭がんのため亡くなります。75歳でした。

 

◆名言

ーーーーーーーー

師弟とは価値観の共有である

 

ーーーーーーーー

己に自信の無い奴が常識に従う。不安を持つから動き出す。人生なんて食って、寝て、やって、終わり

 

ーーーーーーーー

型ができてない者が芝居をすると型なしになる。メチャクチャだ。型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば型破りになれる。どうだ、わかるか? 難しすぎるか。結論を云えば型をつくるには稽古しかないんだ

 

ーーーーーーーー

一緒になって同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する

 

ーーーーーーーー

(弟子全員に入門前に語っていた言葉)修業とは矛盾に耐えることだ

 

ーーーーーーーー

馬鹿とは状況判断のできない奴のことをいう

 

ーーーーーーーー

小言というのは、己の『不快感の瞬間的発散』であって、『教育』とは違う

 

ーーーーーーーー

快適さを精神において追求するのが文化で、物質に頼って求めるのが文明である

 

ーーーーーーーー

落語は人間の小ささを大切にする。始末の悪さ、愚かさをそのまま語る。こういう人間の業(ごう)を肯定してしまうところに、落語の物凄さがある

 

ーーーーーーーー

天狗になるくらいでなきゃあ駄目じゃないかと思ったね。青臭いかもしれないけど、天狗になってるときの芸は威勢がいいんですよ

 

ーーーーーーーー

イイ奴とは自分に都合のいい奴である

 

ーーーーーーーー

よく「芸を盗む」とかいうが、あれは嘘だ。盗む方にもキャリアが必要だ。時間がかかるんだ。教える方に論理力がないから、そういういいかげんなことを言うんだ

 

ーーーーーーーー

考え抜いてやることを悪知というんだ...そして感じたものをそのまま実行するのを英知という

 

ーーーーーーーー

よく覚えとけ。現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいといったところで仕方ない。現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿という

 

ーーーーーーーー

むかちん