むかちんの歴史日記

歴史大好き男による歴史のあるあるやトリビアを綴る日記★

むかちん歴史日記128 九州有名人シリーズ④~反骨のジャーナリスト 筑紫哲也

新宿から歴史を発信!!むかちんです(*‘∀‘)

 

今日は九州有名人シリーズの第4弾、反骨のジャーナリスト、

 

筑紫哲也さん(1935-2008)

(以下敬称略)

 

を紹介します(#^^#)

 

f:id:ooemaru:20180814104828p:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%91%E7%B4%AB%E5%93%B2%E4%B9%9F

 

◆筑紫は1935年大分県出身。

早稲田大学政治経済学部を経て、朝日新聞社に入社します。

政治部時代に当時の内閣総理大臣三木武夫番記者を務め、自民党ハト派との人脈を広げました。

 

1984年から1987年まで『朝日ジャーナル』の編集長を務めます。

 

朝日新聞社を退社し、1989年からかの有名なTBS「筑紫哲也のNEWS23」のキャスターを務めます。

筑紫哲也のジャーナリストとしての発言は、賛否両論あったものの、キャスターとしての地位を確立、同時期に放映されていた「ニュースステーション」の久米宏と並んで、民放ニュースキャスターとして広く認知されることになります。

 

筑紫はその反中央・反権力のスタンスから、賛否両論でしたが、

自身と違う意見を持った人々との交流も多く、その懐の深さがうかがえます。

例えば、小泉元総理とはイラクに対するスタンスが違いましたが、オペラ談義に花を咲かすなど、ある意味、ジャーナリストとしてのスタンスと人としての交流を分けていたのかなという部分もうかがえます。

 

筑紫は非常にヘビースモーカーでマルボロ赤を1日三箱吸っていました。

肺がんで禁煙後もたばこへの思いは変わらなかったそうです。

 

むかちん

むかちん歴史日記127 九州有名人シリーズ③ 戦国の名軍師〜黒田孝高(官兵衛)

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(〃^∇^)o_彡☆

今日は九州有名人シリーズ③と題して、今回は福岡藩の祖となる

 

黒田孝高(官兵衛)(1546−1604)

 

を紹介しますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

 

f:id:ooemaru:20180814003412j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E7%94%B0%E5%AD%9D%E9%AB%98

 

黒田官兵衛は16歳で小寺政職の家臣となり、先見性を見込まれて、要職につきます。

22歳で家督を継ぎ、播磨国姫路城主となります。

赤松政秀に2度にわたり攻め込まれるが、いずれもかろうじて、勝利しました。

 

◆官兵衛は織田家の家臣を務め、明智光秀による本能寺の変が起こり、信長が死去すると、豊臣家の家臣として、信長の弔い合戦として明智光秀討伐を進言します😁

 

九州征伐で貢献した黒田官兵衛は、豊前国(福岡県)の中の6郡、およそ12万石を与えられ、中津城を築城します。

 

小田原城征伐では北条氏政、氏直父子を小田原城に入って説得し、無血開城を実現して功績を立てました。

 

官兵衛は家督を嫡男の黒田長政に譲り、隠居生活に入っていました。

長政は、石田三成と対立するようになり、関ヶ原の戦いで、石田三成徳川家康に対して挙兵すると(西軍)、長政は家康側(東軍)について戦います。

 

官兵衛は1604年に京都の伏見で亡くなります。

 

◆名言

ーーーーー

まず自分の行状を正しくし、理非賞罰をはっきりさせていれば、叱ったり脅したりしなくても、自然に威は備わるものだ。

 

ーーーーー

その職にふさわしくない者はすぐに処分したりするが、よく考えてみると、その役を十分に務めてくれるだろうと見たのはその主だ。目利き違いなのだから、主の罪は臣下よりもなお重い。

 

ーーーーー

むかちん

むかちん歴史日記126 九州有名人シリーズ② 日本のために命を尽くした男~重光葵

新宿から歴史を発信!!むかちんです(#^^#)

 

今日は前回の松本清張にひきつづきまして、

九州有名人シリーズと題して特集します(*'▽')

 

今回は戦後、日本の全権大使として降伏文書調印という重役を担った

 

重光葵(1887-1957)

 

を紹介します( ^ω^ )

 

f:id:ooemaru:20180813162001j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/重光葵

 

◆重光は大分県出身の外交官・政治家です。

 

重光は駐華行使を務めているころに満州事変(1931年)勃発、

この日本陸軍の突然の暴走に非常に憤慨し、なんとか和平をとりつけようと奔走します。

日本の植民地拡大にも反対し、また欧州戦争に介入していくことにも反対の電報を送り続けたが、日本政府に聞き入れられず、松岡洋右外相は日独伊三国同盟を結んでしまいます。

 

これによりアメリカの対日姿勢は硬化していきました。

 

東條英機内閣、小磯國昭内閣では外相を務め、人種差別の反対とアジアの自主独立の尊重を主張し、奔走します。

 

◆敗戦後、重光は東久邇宮内閣の外相を務め、降伏文書に調印するという重大な仕事を成し遂げます。

しかし、のちに連合国軍総司令部GHQ)のマッカーサー元帥が日本に軍政を敷き、英語を公用語にする、と言い出したのです。

 

重光は日本の主権を認めたポツダム宣言の内容から逸脱するとして、

布告の即時取り下げを要求します。

マッカーサーと粘り強い交渉をし続けた重光に対し、マッカーサーの側がついに折れ、

占領政策を日本政府を通じた間接統治というかたちにまでしたのです。

 

冷静に考えると重光の根性といいますか、度胸がすごい。

というのも敗戦し、占領されている側がなんとか国を守るため、

占領する側に直談判するわけですから、ある意味、殺されてもいい覚悟でいかないとならないわけですから。

 

その後、重光は東京裁判によって、大方の予想に反して、A級戦犯として、服役することになります。

服役後、鳩山内閣で4度外相を務めました。

 

1956年、日本の国際連合加盟が承認された国連総会で、重光は日本の全権大使として、演説をします。

 

「わが国の今日の政治、経済、文化の実質は、過去一世紀にわたる欧米及びアジア両文明の融合の産物であつて、日本はある意味において東西のかけ橋となり得るのであります。このような地位にある日本は、その大きな責任を充分自覚しておるのであります」

 

その翌年の1957年、重光は亡くなります。

 

◆名言

ーーーーーーー

「我らの深く希望することは国際連合が常に世界平和の手段としてのその使命にふさわしい、出来るだけ大きな権限を行使することであります。・・・・日本は国際連合が世界平和のための中心的な推進力であると信じております」
注釈:1956年12月18日の国連総会より

 

むかちん

 

 

 

むかちん歴史日記125 九州が生んだ名推理作家〜松本清張

新宿から歴史を発信!!むかちんです(〃^∇^)o_彡☆

 

今日は九州が生んだ名推理作家、

 

松本清張(1909-1992)

 

を紹介します(*´∀`*)

 

f:id:ooemaru:20180811025526j:plain

参照元

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%E6%B8%85%E5%BC%B5

 

松本清張は九州、福岡の小倉出身、、、、とされていますが、

本人的には、広島出身と公言しているそうです。

一旦は九州前提で話を進めます。

 

清張は小説家を志すようになり、

15、16才ごろに愛読していたのは、芥川龍之介だったそうです。

逆に志賀直哉についてはその良さがさっぱりわからなかったと言っています。

 

1952年「或る『小倉日記』伝」が坂口安吾から激賞され、

芥川賞を受賞します。

そこから作家活動に人生を捧げることなります。

 

◆1956年に朝日新聞社を退社し、本格的に作家活動を開始すると、

1957年、『顔』が日本探偵作家クラブ賞を受賞、同年から連載を開始した『点と線』もベストセラーとなります(≧∀≦)

 

清張はその後、精力的に執筆量を増やし、

ゼロの焦点』『かげろう絵図』『黒い画集』『歪んだ複写』などを立て続けに執筆。

清張の執筆量は同時代の作家も驚愕の執筆量だったと言います。

 

◆1960年代に入ると、当時としては珍しいノンフィクション、『日本の黒い霧』の連載を開始し、「黒い霧」という言葉が流行すると同時に、ノンフィクションというジャンルを切り開いていきます。

直木賞の選考委員も務めます。

 

その後、歴史への関心が深まったり、海外を歴訪などし、ベドナム戦争に際しては、反戦広告募集の呼びかけ人の一人にもなりました(〃^∇^)o_彡☆

 

死の直前まで精力的に取材や構想をしていたが、1992年89才でこの世を去ります。

 

◆清張は、非常に幅広いジャンルで、しかも相当数の作品を残しています。

芥川や菊池寛に影響を受けて執筆していた「短編小説」(『黒い画集』など)、人間描写にも力を入れて書いた「推理小説」(『随筆 黒い手帖』など)、デビュー当初から書いていた「歴史小説」(『くるま宿』など)、またノンフィクションも執筆していました。

 

清張人気は今でも根強く多くのファンに現在も愛されています。

 

◆名言

ーーーーーー

人間には、先入観が気づかぬうちに働きまして、そんなことはわかりきったことだと素通りすることがあります。
これが怖いのです。

 

ーーーーーー

むかちん

 

 

むかちん歴史日記124 ウインストン・チャーチル

新宿から歴史を発信!!むかちんです(*'▽')

 

今日はイギリスの名宰相

 

ウインストン・チャーチル(1874-1965)

 

を紹介します♪

 

f:id:ooemaru:20180810150303j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%AB

 

チャーチルは1900年に保守党から立候補して下院議員になります。

政治活動の最中、自由貿易主義者となり、保守党から自由党へ転じます。

 

商務大臣、内相を務めたのちに、海軍大臣となり、第一次大戦を迎えます。

しかし、ガリポリの戦いで、トルコに敗れ、その責任をとって辞任します。

 

しかし、1917年、ロイド・ジョージ内閣連立内閣で再入閣、軍需相、陸相などを歴任します。

 

共産主義の脅威を目の当たりにして、その後再び保守党に転じます。

 

◆1930年代に入ると、ナチスを中心としたファシズムの脅威にさらされ、ドイツに対して、宥和政策をとっていたネヴィル・チェンバレンを批判します。

 

ドイツ軍がノルウェーに侵攻するとそれを抑えられなかったとして、ネヴィル・チェンバレンは総辞職し、1940年、チャーチルが首相となります。

 

チャーチルは、ドイツがソ連との共通の敵になるという認識から英ソ軍事同盟を成立させ、1941年には日本の真珠湾攻撃により、アメリカも参戦します。

米英ソが中心となって、戦後構想なども練られました。

 

◆1944年、チャーチルが主体となって、ノルマンディー上陸作戦を敢行、ドイツ本土空爆を行い、ソ連がベルリンに侵攻したことにより、ドイツの敗戦は決定的となり、

1945年ヒトラーは自殺、ドイツは無条件降伏します。

 

◆戦後、チャーチル労働党のアトリー内閣にとって代わられますが、講演活動などを精力的に行い、

鉄のカーテン演説」といった反共活動に精を出します。

 

その後1951年、第二次チャーチル内閣が成立、核実験などを行い、米ソに続く第三の核保有国となるのです。

 

◆名言

ーーーーーー

力や知性ではなく、地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である

 

ーーーーーー

民主主義は最悪の政治形態らしい。ただし、これまでに試されたすべての形態を別にすればの話であるが

 

ーーーーーー

敵がいる?良いことだ。それは、人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ

 

ーーーーーー

態度と言うのはちょっとしたものだが、大きな違いを生み出す

 

ーーーーーー

全力を尽くすだけでは十分ではない。時には必要なことをやらなければ

 

ーーーーーー

成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。肝心なのは、続ける勇気である

 

ーーーーーー

私は血と苦労、涙と汗以外に捧げるべきものを持たない

 

ーーーーーー

私はいつでも学ぶことをいとわないが、教えられるのをいつも好むわけではない

 

ーーーーーー

向上とは変化である。完全になるとは、しばしば変化することである

 

ーーーーーー

もしも地獄の真っ只中にいるのなら、そのまま突き進むがいい

 

ーーーーーー

正直であることは立派なこと。しかし正しくあることも大事だ

 

ーーーーーー

一度剣を抜いた以上は、息が絶えるまで勝利を完全に手中に収めるまで剣を捨ててはならぬ

 

ーーーーーー

誠実でなければ、人を動かすことはできない。人を感動させるには自分が心の底から感動しなければならない。自分が涙を流さなければ人の涙を誘うことはできない。自分が信じなければ、人を信じさせることはできない

 

ーーーーーー

日々正直に行動することが、成功に達する最も確実な道だ

 

ーーーーーー

行動する事は少しも恐れはしない。恐れるのは、ただ無為に時を過ごす事だけだ

 

ーーーーーー

成功とは、失敗を重ねてもやる気を失わないでいられる才能である

 

ーーーーーー

何が本当に自分の利益であるか、ということを知ることは容易ではない

 

ーーーーーー

決して屈するな。決して、決して、決して!

 

ーーーーーー

むかちん

 

むかちん歴史日記123 日本の名司会者〜逸見政孝

新宿から歴史を発信!!むかちんです(〃^∇^)o_彡☆

 

今日は日本の有名アナウンサーにして、名司会者の一人

 

逸見政孝さん(1945-1993)

 

を紹介します♬

 

f:id:ooemaru:20180810122914j:plain

参照元 

https://matome.naver.jp/odai/2140419489055774401/2140739451872757503

 

◆30代以上の方は、逸見さんといえば、日本テレビの「クイズ世界は SHOW BY ショーバイ」の司会などで親しみがあったのではないかなと思います。

 

早稲田大学卒業後、

フジテレビの局アナとして入社。

アナウンサーの試験では、試験官に一目置かれるほどの実力を発揮したそうで、

それもそのはず、逸見はアクセント辞典が真っ黒になるくらい努力していたそうです。

 

ただ、入社時の逸見は「地味」「暗い」「つまらない」という評価を受けていたそうであったが、大橋巨泉は「逸見が突然、人気アナウンサーになるかもしれないぞ」とその後の活躍を予期していたそうです。

 

逸見がその頭角を現したのは、スポーツアナウンサーとしての仕事をしていた時だそうで、選手より先に倒れてしまうのではないかというレベルの絶叫ぶりで、注目を浴びるようになりました😄

 

その後、逸見は報道へ転出。

夕焼けニャンニャン』の後のニュース番組の予告に逸見が登場していたのだが、

そこでの片岡鶴太郎とんねるずとの掛け合いが、当時のアナウンサーの堅いイメージと違って、そのひょうきんなキャラクターでお茶の間に受けて、これが転機となっていきますヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

これによって逸見の人気が爆発的に上がります。

 

のちにフリーへ転身。『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』、『夜も一生けんめい。』、『たけし・逸見の平成教育委員会』などの番組に出演し、お茶の間に親しまれる存在になります。

 

逸見は世田谷に当時の金額で12億円のイギリス風の邸宅を建てます。

 

◆逸見は時間厳守で知られ、自身にも他人にも時間の徹底をしていました。

それに気を使ったスタッフが逸見より早くくるようになると、

逸見が申し訳ないという気持ちになって、さらに早くくるの繰り返しになったそうです。

 

また時間にルーズな人間を非常に嫌っていたとも言われています。

 

◆病魔が逸見を襲います。

逸見は1993年に日本テレビで記者会見を行い、自身が癌であることを公表します。

 

1993年12月24日、この世を去ります。享年48歳

 

◆名言

ーーーーーー

(アナウンサーに必要なものは何ですか)向上心です

 

ーーーーーー

外見にこだわる人って多いですね。自分を実物以上に見せようと外側を飾り立ててる人。外見を飾り立てる暇があれば、その時間に本を読んだり、人と出会ったりしなさいと言いたいですね。出会いの数だけ自分が大きくなる、磨かれる

 

ーーーーーー

むかちん

 

むかちん歴史日記122 スペインの天才的画家〜サルバトール・ダリ

新宿から歴史を発信!!!むかちんです(〃^∇^)o_彡☆

 

今日は自他共に認める天才、

 

サルバトール・ダリ(1904-1989)

 

を紹介します!!!!

 

f:id:ooemaru:20180808091906j:plain

参照元 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AA

 

◆ダリは天才と自称して憚らない画家で

シュルレアリスムの代表的な画家ですヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

 

1928年にシュルレアリスムの代表的映画『アンダルシアの犬』を共同制作をしました(*´∀`*)

 

ダリは自身の制作手法を「偏執狂的批判的方法 (Paranoiac Critic)」と称して、

写実的描法を用いながら、壮大な風景画を描きました(〃^∇^)o_彡☆

 

ダリはフェルメールを高く評価し、著書の中でも他の画家を採点するとしたら、というくだりでフェルメールに最高点をつけています。

 

◆ダリはとても奇怪な行動が多く、象に乗って凱旋門に現れたり、フランスパンを頭に括りつけたり、マスコミに多くのネタを与え続けました♪( ´▽`)

ただ、それが時には他の画家から顰蹙を買うこともありました。

 

またダリは「偉大な天才には並みの子どもが生まれる。私はこの経験を味わいたくない。」といって、婚外子は否定していました。

 

むかちん